屋根カバー工法 ガルテクト ダイヤモンドコート つくば市若葉Y様邸 完工目前

弊社ホームページからお問い合わせいただきましたつくば市若葉Y様邸、
施工は順調に進みあとはお客様との最終確認を残すのみとなりました。各部の完工写真をアップしていきます!
DSC08968-e1477529399834

before1
DSC033801-e1477529431123
Y様邸の屋根は弊社のホームページに載っている塗れない屋根でしたのでカバー方法をおすすめし、採用して頂きました。
horizontal1
after1
DSC08948-e1477529927635
採用して頂いたのはアイジー工業のガルテクトでカバーです。
ガルテクトは鋼板の裏に、最大厚さ16mmの断熱性能に優れたポリイソシアヌレートフォームを搭載しているので断熱・遮熱のWパワーで、夏涼しく冬温かく、快適な住環境をおくれます。また、遮音性にも優れており豪雨の雨音も室内ではささやき声程度の雨音へと低減します。このガルテクトは、穴あき・赤さび・塗膜のひび・われ、などに対して10年間のメーカー保証が付いてきます。
DSC08944-e1477529962195

DSC08954-e1475823649273

DSC08953-e1475823588444

before1
DSC03413-e1477530127202
外壁(サイディング)内部に侵入した水気が伸縮と膨張を繰り返して表層の塗膜を押し上げ剥離させています。水気を含みフカフカした状態です。このような状態で通常の3回塗り工程は早年で剥がれて再発する可能性が高いです。
horizontal1
after1
DSC08931-e1477530153187
剥離している劣化部を除去し、素地強化と塗料密着を高める浸透性シーラーを塗布(1~2回吸い込みが止まり表層に濡れ感が出るまでがメーカー指定の適正量)したうえで3回塗りの計4~5回塗りで耐久性を確保していきます。
今回外壁にはダイヤモンドコートを採用していただきました。写真の2F部は日塗工色より「25-90D」をお選びいただきました。
before1
DSC03427-e1477530280802
幕板の写真です。
塗膜が剥がれていました。このままでは、水分が侵入し素地に染み込んでしまうと、素材自体の耐久性が損なわれてしまい劣化を早めてしまいます。
horizontal1
after1
DSC08927-e1477530308949
劣化部には浸透性シーラーを1,2回(濡れ感がでるまで)塗布し素地強化を行ったうえでお選び頂いた塗料2回塗りの計4回塗りで仕上げました。
付帯部採用塗料はファインシリコンフレッシュです。お色は「こげ茶」をお選びいただきました。
DSC08963-e1477530506566
外壁の仕上りです。
見事な艶感です。従来の塗装に比べ、高いレベルでの色あせの防止、汚染の防止、藻、かびの防止を実現しています!

1F部のお色は日塗工色より「19-80L」をお選びいただきまいした。
DSC08922-e1477530549282

DSC08932-e1477530575191

まだ完工前ですが、あとは足場をとって最終確認です。

最終確認が終わりましたら、全景の写真をアップしていきたいと思います。
完工が楽しみです。


 
                                         お客様サポート 担当 林