気づかないうちに大きなクラックが! Vカット工法  龍ヶ崎 長山 

こんにちは、こんばんは臼倉(うすくら)です。
本日は茨城県龍ヶ崎市長山にあるS様邸のVカット工法についてご説明します!
クラックはモルタルにもサイディングにも出てしまいます。そういった場合に対してどういった施工をするのかをこのブログでご紹介したいと思います。
1f24ed8c75e5ab55d2e613a6f638b1eb-e1477887951664
素材がサイディングでもここまでのクラックが出てしまうのですね。こういった箇所にはまずカッターでVの字に切込みを入れパテを入れるために幅と深さを持たせます。
一見傷をつけているように見えますが、そのまま補修材を入れるよりあえてVの字にカッターの切込みを入れることにより、より多くの面積を補修材に充てることができます。
381b93b229141336e5862e2834618bc8-e1477888003743
幅と深さを持たせたら素地強化を行うためにプライマーを塗布し、素地を強化させ、弾性のパテを塗布していきます。
パテを充填することでカッターで切込みを入れた箇所を埋めていくわけです。
パテを塗付したら専用の器具を使用し、パテを伸ばしていきます。

9af0b89a4f80fcd9b9edf776860db90e-e1477888033120
伸ばすだけだと塗料との密着は確保できないので、あえて傷をつけて塗料との密着を確保するケレン作業を行っていきます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
新人施工管理の臼倉(ウスクラ)がお届けしました。本日は茨城県龍ヶ崎市長山、F様邸のVカット報告でした。
引き続き作業工程を順次報告していきたいと思います。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。