柏市 外壁塗装 H様邸幕板下地処理その2

こんにちは。今日はここの所吹き付けていた風も無く、春らしい陽気ですね。

花粉症の方々には、とてもツラい日なのかもしれませんが。

 

さて、昨日の続きのお話しです。

幕板は、継ぎ目のコーキングや表面の塗膜が割れ、 雨水が浸食して剥がれて

いきます。

 

塗り替えの際には、 この継ぎ目と旧塗膜の処理の仕方が耐久性能を決定するので

とても重要なのです。

傷みの進んだそれらのサイディングボード程、僕たちの腕の見せ所な訳です。

imgslooProImg_20130312212612

写真は、元々の幕板にガムテープを貼って旧塗膜を剥がしている所です。

浮いた塗膜をどれだけ除去するか、一般的な塗装業者さんはまずここまでは

していないはずです。

ボロボロの塗膜だけをサッと削ってすぐに塗ってお終い。

 

ここが悔しいとこですが、見た目では僕らの工法とそれ程大差はないのです・・・

が、年数と共に施工当時の手間暇の差がハッキリと現れてくるんです。

imgslooProImg_20130312212610

上の写真に、縦の大きな溝があると思います。

元はシャープペンの芯ぐらいのヒビだったのですが、 それを大きくVの字にカットしてあります。


この旧塗膜の除去とVカットを徹底的に行ない、 サイディングを新築時に

塗装する前の、裸の状態に出来るだけ近づけていきます。

 

この下地処理をコツコツと積み重ねた後、ようやく下塗りを(屋根の時

お話しした様に)濡れ感が出るまでたっぷりと吸わせて下地を強化するのです。

ちなみに、H様邸のバルコニーの縦幕板は下塗り8回目までは数えていましたが、

後は数えるのも面倒になってやめてしまいました。

 

誤解しないで頂きたいのが、仕事だから仕方なくやっているのではなく

徹底的にやるのが大好きなんです。笑

 

自分が楽しくて、それがお家の方の為に なるんですから、幸せな事です。

 

明日も続きをお話ししたいと思います。

では。