流山市東深井 外壁屋根塗装工事 [E様邸 木部下処理]

こんにちは。
少し風は吹いていますが、

天候も安定し、
流山市東深井E様邸塗装工事は順調に進んでおります!


今回は木部の下処理をアップいたします。

流山市東深井E様邸は木部の破風板が経年で塗膜劣化し
素地の露出もみられました。
破風板は雨風を受ける部位ですのでしっかりと下処理したうえで塗装し、
塗膜で素地を守らなければ劣化が進んでしまいます。

P1020796

密着性の悪い旧塗膜を除去せずにいくら丁寧に塗装したとしても、
密着性は旧塗膜に頼るものとなり早年での塗膜剥がれが起きてしまいます。

出来るだけ浮いてしまってる塗膜や密着性の悪い旧塗膜を電動工具を使い除去していきます。
P1020799

P1020800

弱った旧塗膜の除去を行ったうえで、下塗り開始です。
P1020801

適正量を丁寧に塗布していきます。
P1020803

適正乾燥時間を置き、上塗り(1回目)も行っています。
P1020823

P1020824

木部は塗料の密着性が弱い材質です。
選択する塗料も重要ですが、どれだけ塗装前の下処理を
徹底的に行うかで塗料の密着力が変わってきます。

劣化状態にもよりますが、手作業で除去しきれない
ものは電動工具を使用しなくてはなりません。

木部は徹底した下処理と定期的なメンテナンスが
長持ちの秘訣となります!