我孫子市|外壁塗装・屋根塗装 [H様邸12日目 ]

我孫子市H様邸の外壁・屋根塗装工事12日目です!
本日も塗装日和となってくれましたが、、


非常に暑いです。。

10月とは思えない天候ですね。

職人達はこまめに水分補給をしながらの作業となります。

前日に上塗り(1回目)を終えたシャッターBOXの仕上げに入ります。


上塗り(2回目)です。
塗り残しやムラが無いよう塗布していきます。

DSC02298

綺麗に仕上がりました。
DSC02299

本日もこの他にタッチアップ作業を行いました。

次に門塀塗装に入ります。


洗浄を終えた状態です。
経年で天場の亀裂や塗膜の剥離がみれます。


補修を行う前に下処理を行います。

DSC02301

金ブラシやヘラで弱った素地や塗膜を削り落としていきます。
DSC02302

ケレンを終え次に、補修材を入れる前に、
補修材と素地の密着を高める為にカチオンシーラーを塗布していきます。

適正量をしっかり塗布していきます。
DSC02304

シーラーを塗布後に

カチオン(接着性、耐摩耗性、曲げ強度に優れた改修工事用下地調整モルタル)を流し天場を形成します。


綺麗に均していきます。


DSC02306

天場に流したカチオンが乾き形成する間に、
塀の補修を行います。

下の写真のように旧塗膜が剥がれてしまっている箇所にいきなり塗料を塗布して

しまうとそこだけ模様(凹凸)が無くなってしまう仕上がりとなってしまう為
マスチックローラーを使用して模様付け(パターン合わせ)を行います。



まずは素地と塗料の密着力を高めるシーラーを塗布します。

DSC02307

次にマスチックローラーを使用して模様付け(パターン合わせ)をおこないます
DSC02308

旧塗膜が剥がれた箇所に模様をつけていきます。
DSC02309

適正乾燥時間をおいて、

ここでようやく全体に下塗りを塗布していきます。
DSC02311

先ほどカチオンで形成された天場にも下塗りを塗布していきます。

新たに形成した天場の素地と塗料の密着力を高めてくれます。
DSC02310


明日も引き続き門塀塗装の続きを行っていきます。


明日は気温も落ち着き過ごしやすい天候になるようです。