野田市|外壁・屋根塗装工事 [O様邸 6日目]

野田市O様邸の外壁・屋根塗装工事6日目です!

3日目以降ひたすらに、

養生、コーキングや各部ケレン等の下処理をおこなっております。


昨日に目地部コーキング処理を終えて
本日は付帯部位のコーキング処理を行っています。


外壁と幕板の繋ぎ目のシールは口が開いている状態でした。
確実に雨水が侵入し幕板の劣化を引き起こす箇所になります。
コーキング処理を行っていきます。

P1020351

コーキングを打つ前にプライマーの塗布します。
メーカー指定の適正量を塗布することが重要となります。
P1020373

コーキング剤をしっかり充填していきます。
P1020375

丁寧に均していきます。
P1020378

乾燥する前にマスキングを取って完成です。
P1020380

幕板や破風板は雨風を受けやすく劣化が出やすい部位です。
まずは雨水が侵入する箇所を徹底的にシール処理を行ったうえで、
塗装前の下地調整をおこないます。



塗り替え後すぐに塗膜の剥がれが起きてしまうのは適切な下処理が行われていない、もしくは下処理不足が考えられます。


シャインでは現調時にその劣化した部位に対しての処理方法を
的確に判断してお客様にもその重要性をお伝えしております。
施工してみて更なる劣化箇所がある場合には現場の職人と
入念に打ち合わせを行い適切な施工方法を取ります。

職人達も適切な下処理を行わないと塗装後すぐにダメになってしまうことを知っています。

美観性も重要です。
ですがその美観性を保つには徹底した下処理が必要なのです。

明日はサイディング釘頭のパテ処理のようすをアップいたします!