外壁よりも屋根を重要視!屋根塗装 豆知識その3!

こんにち臼倉(うすくら)です。
本日は屋根に注目してみましょう。
屋根は住んでいて意識していても見過ごしがちになってしまう箇所になると思います。

屋根は直接日光を浴び、暴雨にもさらされる厳しい環境下にあるため、外壁よりも塗り替えの重要性が高くなります。
瓦は耐久性の優れておりますので、塗装の心配はありませんが、漆喰が落ちていたり等といった現象も見られますので、そういった場合はしっくりの塗り直しが必要ですが。
コロニアルと言った屋根材はセメントを板状にしたもので、塗装が被膜となって劣化を防ぐ役割があります!
普段目の行き届かない箇所になるかと思いますので定期的にちょっと離れた所から状態を確認しておくとよいでしょう。
屋根は外壁と比べて塗料の選定や施工には専門の知識や技術が必要です。
たとえば、太陽の熱を反射して屋根の熱を下げる遮熱塗料や、耐久性の高いフッ素、無機塗料など屋根専用の塗料があります。
また、屋根塗装後に雨漏りが起こるケースがあります。下手な業者だと施工中に屋根材や下地材を踏んで傷つける場合があります。
そして、塗装後には毛細管現象と呼ばれる雨水の逆流を防ぐ「縁切り」戸呼ばれる処理が必要です。
しかし、縁切り処理をしてしまうとせっかく形成した塗膜を傷つけてしまうので弊社では塗装を形成する前に屋根材の間に隙間を確保するための「タスペーサー」を設置し、縁切り処理にかかる時間を削減し、かつ塗膜を守ることが出来るので弊社では縁切り処理ではなく、タスペーサーを採用しております。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。

豆知識その1
豆知識その2