ゴムアスルーフィング 粘着式ルーフィング

こんにちは、こんばんは臼倉(うすくら)です。
通常、屋根材(瓦、スレート材等)の下に防水層(ルーフィング)を設けるのですが、今回はそのルーフィング材についてお話します。

スレート材などタスペーサーを刺さずに塗装してしまうと毛細管現象という屋根材の中に雨水を入れてしまう現象が可能として起きてしまいます。その際に防水層が機能していれば雨漏りなどの心配はなくなるのですが、経年で劣化している場合も御座います。

劣化するとどのような状態になるかというと
DSC_01172-e1477634250990
このようにめくれあがったり、破けてしまいます。こちらはゴムアスルーフィングと言って汎用性があり、多くの住宅で使用されております。しかし、経年でめくれてしまったり、破れてしまったりすると防水機能が失われてしまいますので、我々シャインでは粘着性のあるルーフィング材を採用しています。

DSC_01161-e1477634275817
粘着式のルーフィングは野地板と密着性することができ、めくれの心配もありません。
また、屋根材を固定する際にビスを使用しますが、ルーフィングと野地板の密着が良いため、しっかりとビスを打ち込むことができます
DSC_01152-e1477634370303
今回は簡単にゴムアスルーフィングと粘着式のルーフィングの説明をさせていただきました。
もちろん弊社では粘着式のルーフィングでの使用をお勧めしております。
ルーフィング一つとってもいろいろな種類がございます。疑問などございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございます。
新人施工管理の臼倉(ウスクラ)がお届けしました。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ホームページを見た!」とお伝えください。
〇お待ちしております!