柏市東中新宿F様邸にて現場視察へいってきました

こんにちは、こんばんは臼倉(うすくら)です。
本日は柏氏東中新宿F様邸にお邪魔してきました。

F様邸の破風板の繋ぎ目を用いてVカット工法を説明していきます。
DSC_03651-e1477543342747
既存の状態になります。凝集破断も見られ、シーリングが機能していないのがお分かり頂けると思います。
DSC_03661-e1477543371766
新しくシーリングを打つためにも既存のシーリングを取り除いていきます。そして密着を良くするため破風板の繋ぎ目をあえてカットし、幅と深さをつけていきます。
DSC_0367-e1477543404604
余分な箇所にシーリングが付かないようにと出来上がりの見栄えを良くするためにもマスキングテープを張り付け、プライマーを塗布していきます。
DSC_03681-e1477543431703
そしてシーリングを盛り付けていきます。
DSC_0369-e1477544081165
シーリングを均した後でマスキングテープをはがすと綺麗になるのがお分かり頂けると思います。
破風板の繋ぎ目やモルタルの外壁に0.4mm以上のクラックがあった場合はVカット工法を行いあえて傷口を広げ幅と深さを確保してあげることで長持ちの秘訣となるわけです。

最後までご覧いただきありがとうございます。
新人施工管理の臼倉(ウスクラ)がお届けしました。本日は千葉県柏市東中新宿 F様邸の現場作業報告でした。
引き続き作業工程を順次報告していきたいと思います。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ホームページを見た!」とお伝えください。