柏市 西山 屋根下処理

こんにちは、こんばんは臼倉(うすくら)です。
本日は柏市西山にあるK様邸の屋根下塗りの様子をご紹介いたします。
K様邸の屋根には新型コロニアルを採用されており、アスベストを含有していないので、非常に割れやすく塗装の際にはコーキングを充填して施工していきます。屋根の下処理はお施主様から見えない作業になっておりますので、見えないからこそ大切になっている作業となります。
74b77f33a66e44bff9f39ce8ce7fff68-e1477879422883
まずは出ている釘頭を金づちを使い戻していきます。

cc409622dd60358ce9b981d12aa0fb15-e1477879446154
釘頭が出てしまっている状態ですとそこから雨水が伝ってしまい中の木材が劣化する可能性もありますので、こういった処理は必要となっています。
e421846a10824e647aa2b04d5e0ceb10-e1477879470466
雪止めの錆止め工程となります。
雪止めも金属部分となりますので、錆止めを塗ることで錆に強い仕様となっております。
23b4b21210ad4edc445019e2c3f3aa341-e1477879499553
板金の繋ぎ目にコーキングを盛り付けていきます。
既存のコーキングを取り除く事が長持ちの秘訣となります。
894c517d3b55b7c2c6ca29bf9b1ca7e1-e1477879585915
コーキングを盛り付けるだけだと見栄えも悪く奥まで入らないため、専用器具を使用し奥まで充填していきます。
e6028f8f02aca2f374e3d3afa8fed97a-e1477876156515
一つ一つの釘頭コーキングを盛り付けていきます。
この工程を行う事で釘頭の再発を防ぐと共に、雨水の侵入を防ぐことができます。
85587f2d06eed249e67c665c1edbbaab-e1477879629492
コーキング処理完了となります。
9434290d871148d9c827deb6797c9463-e1477877609814
アスベストが含んでいない屋根材は割れが発生しやすくこうった現象が見られることがあります。
0ada5325c7de0b131e9acd5c38958f3a-e1477879682121
割れが見られる箇所にはコーキングを盛り付けていきます。
745aa280b35c12e09e684fdb1fd4f3ca-e1477879708950
盛り付けるだけだと奥まで入らないので専用器具を使い均し作業を行います。
最後までご覧いただきありがとうございます。
新人施工管理の臼倉(ウスクラ)がお届けしました。本日は千葉県柏市西山K様邸の屋根の下処理報告でした。
引き続き作業工程を順次報告していきたいと思います。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。