東京都江戸川区 ダイヤモンドコートシステムにて外壁塗装

本日も東京都江戸川区にてダイヤモンドコートシステムにて、サイディング外壁塗装を施工しております。

本日の作業内容は、ベランダ、加硫ゴムシート防水のトップコート塗り替え
先日までで完了しているダイヤモンドコートブリックシステム(サイディングの目地を残した、高意匠多彩色外壁塗り替え工事)の最終工程である
ダイヤモンドコートGLクリヤー3分艶あり塗布の一部、屋根上の天窓のガラスのシリコーンシーリング交換、その他を施工いたしました。

00261210-193041.jpg

ベランダ加硫ゴムシート防水(ゴムに硫黄を加えたゴムシートを強力な接着剤で貼り付けた防水工法です。)
施工前の状態です。
写真では分かりづらいですが、シートの上の旧塗膜に細かな剥離が発生しています。このトップコートによって加硫ゴムシート表面を保護していますので、トップコートの塗り替えが必要な状態です。使用する塗料は日本特殊塗料のノンリークコートです。
これを無希釈にて、2回塗布していきます。水性塗料の為、旧塗膜を侵してしまう心配のないところと臭気が穏やかなのが特徴です。

00261210-193959.jpg

ノンリークコート1回目塗布の状況です。あらかじめ剥離した旧塗膜や塵や埃、油分などを除去し、塗装に適した状態にし、塗装しないサッシ廻りなどをビニールで覆ってあります。

00261210-194251.jpg

ノンリークコート2回目の塗布状況です。規定の乾燥時間を置いて1回目ではカバーしきれないシートの凹凸を埋めるように塗布していきます。規定膜厚を超える量を1度に塗布しようとすると
塗膜が割れたり、乾燥が極端に遅くなったりしますので、きちんと規定の膜厚で2回塗布しました。

00261210-194717.jpg
T様邸の屋根の上には、天窓が付いています。せっかくの塗り替えのタイミングなので、ガラスの周囲のシーリングも交換してほしいというご主人様たってのご希望でしたので、交換しました。

00261210-195007.jpg
既存のシーリングをカッターを使って残さずに撤去します。少しでも既存のシーリングが残っていると、新しいシーリングが密着せず、短期間で切れたり剥離してしまいますので、丁寧に除去します。ついでに長年風雨に曝されて、
汚れてしまった、ガラスもスクレーパーを使い汚れを綺麗に削ぎ落としました。その後シーリングを打ち込む部分にマスキングテープを貼り、プライマーを塗布します。

00261210-195450.jpg

プライマーがしっかりと、乾燥したのを確認して、シリコーンシーリングを打ち込み元の状態の様にヘラでならして、速やかにマスキングテープを取れば完成です。冬場はシリコーンシーリングの乾きがゆっくりなので、施工しやすいのですが、夏場の特に高音になる屋根の上でのシリコーンシーリングは、アッと言う間に表面が乾いてしまうので大変です。この時期はやりやすいので助かります。

00261210-195903.jpg
シーリングの仕上がり状況です。

00261210-195947.jpg
そして、ダイヤモンドコートGLクリヤーの塗布状況です。
先日行なった、目地のシーリングがなかなか乾かず、乾燥の為3日現場を空けてしまって、T様にはご迷惑をお掛けしております。まだ乾燥が充分でないところがありましたが、今回のクリヤーは3分艶の仕上げです。ピカッと輝くダイヤモンドコートGLクリヤーに専用の艶消しペーストを混ぜて、しっとりと落ち着いた3分艶、僕としては初めてとなるコーラルピンクでの3分艶なので、早く仕上がりが見たくて、シーリングと絡まない部分を先に塗ってみました。予想よりもしっとりと落ち着いた仕上がりになり、きっと施主様も喜んで頂けるはずです!

明日はどうやら雨模様なようですが、明後日は天候も回復しそうですので、もう後一息、気を抜かずに作業を進めて参ります。