チョーキングって?

こんにちは。

さて、
今日は、いつもと少し違った内容をお届けしたいと思います。

みなさん、チョーキングという言葉をご存知ですか?



先日、我が家の子どもがTシャツを真っ白にして帰ってきました。
「どうしたの?」と聞いても「わからない」
「どこで?」と聞いても「わからない」

散歩がてら帰り道を辿って行ったのですが・・・

どうやら、近くの公園へ行こうとしたのだけれど、遠回りになってしまうので、
直線で行けるお宅の、横の狭い通路を通って行ったらしいです。


壁に擦りながら通ったので、外壁の塗装が付着してしまったみたいですね。
そのお宅にはお詫びとお礼をして帰ってきました。


・・・そう! これがいわゆる、チョーキングというものなんですね!
白亜化現象とも呼ばれています。


新築・または塗装直後の外壁は触っても擦っても、何も手に着かないのですが、
塗装表面が紫外線、熱、水分、風等によって塗装面の表層樹脂に劣化が起こり、
塗料の中の顔料がチョークのような粉状になり消耗していく症状が起きます。

チョーキングは塗装面の劣化のサインであり、外壁の塗り替えの目安にもなります。
(チョーキングが起こらない素材の壁もあります。)
dc4c2620815d7d81c12808708324ceb0

こういった状態をそのままにしておくと、防水性が悪くなり、雨が降った際などに外壁が水分を吸水し変色してしまったり外壁が腐ってしまい、白アリ発生などの原因になったりもします。
ですので、実はクラック(ひび割れ)よりも緊急度が高かったりします。



チョーキングの状態で長期間放置してしまうと傷みが広がり、
後に費用がかさむ場合もあります。

気になったら早めに相談してみてくださいね♪