外壁塗料と屋根塗料の耐候性試験の為に作った小屋が4年を迎えました。

千葉県柏市のシャイン事務所前にて外壁塗料と屋根塗料の耐候性試験の為に作った小屋が4年を迎えました。

これから外壁塗装をお考えの皆様へ、外壁塗装や屋根塗装をお考えの際に相見積を取られますよね?数社でお見積りを取られて提案を受ける際、この塗料は○○年持ちますと必ず言われませんか?
それって本当に正しいのか疑問に思ったことはございませんか?

本当にメーカーの言う期待耐用年数を鵜呑みにしていいのでしょうか?
持つって何をもって持つという判断なのか指標になる基準はご存知でしょうか?

フッ素塗料を使用したのに3年でなんとなく色あせてきたといったお話を聞いたことはございますか?
実はこういった「高い費用を払っていい塗料を使用したのに失敗した」というお話はよく相談される内容なのですが、その原因には大きく2つあります。

1、その使用した塗料メーカーは日本国内の大手系塗料メーカーの物ではなく、海外から来たものや二流、三流メーカーのものだった。

2、塗料は有名な塗料メーカーの物だったが、施工した職人が上塗りを1回塗りで更に薄めすぎた状態で塗膜厚が規定よりも薄く仕上がっている。(塗料代と人件費を省くため)

上記2つのうち1つが該当してしまうと、どんなに高級な塗料を使用しても意味がありません。
しかも、一般の方の目では塗装直後は判断が全くつきません。

このような話は、他のインターネット情報でも良く見かけると思いますが、弊社としてはさらに掘り下げて探求したいと思い、メーカーの出しているデータの耐候性が実際の住宅に使用されている建材や構造では果たして、どれくらいが限界なのかを確認したくなり、実験を始めました。
塗料メーカーの実験というのは、促進耐候試験といわれるキセノンランプ、スーパーUVなどと、暴露試験(宮古島が多い)が主流です。
暴露試験なら実際の太陽や風雨での試験なので信ぴょう性は高いと思ってはいますが、試験している素材は鉄板です。

昨今の住宅戸建てに使用されている鉄板の部分は実に少量で、実際に多いのは窯業系建材です。屋根は薄型スレートが8割ですし、外壁も窯業系サイディングが8割弱を占めていると言われています。他の2割程度がモルタルの外壁で、金属外壁というのは1割に満たないのが現実です。(窯業系サイディングの弱点が分かり始めてきているので徐々に金属系サイディングが増えつつありますが)

やはり実際に多く使用されている建材に塗装した状態での暴露試験が最も有効と考え、自社で実験を始めたという経緯です。
ここまでやっている会社は国内にどれだけいらっしゃるのかわかりませんが、千葉県ではほぼいないと思います。
もしやっている所とお知り合いになれたら是非、情報交換をしたいものです。


千葉県柏市 外壁と屋根の塗装暴露試験

千葉県柏市 外壁と屋根の塗装暴露試験

千葉県柏市 外壁と屋根の塗装暴露試験

こんな感じでお店の前に置いてあります。

ご来社される方には、よく犬小屋に間違われますが、入り口はありません・・・。(笑)

お金を掛けずに余っている建材で作成したので屋根材は今流行りの金属系ガルバリウム鋼板材です。
外壁は窯業系サイディング16mm厚の物を使用しています。
外壁は目地シーリング部分もちゃんと設けてあるので、シーリング劣化の経過も見れるようになっています。
弊社の塗り替え時のクオリティーをそのまま施工しているので、シャイン品質を最も図れる事になります。
千葉県柏市 外壁と屋根の塗装暴露試験

千葉県柏市 外壁と屋根の塗装暴露試験

千葉県柏市 外壁と屋根の塗装暴露試験

その他、クリアー塗装したサイディング(艶落ち、変色、塗膜割れ)、
高弾性型防水クリアーを塗装したサイディング(割れやひびが多いサイディングにクリアー塗膜で割れ追従性確認)、
モルタル造形の耐候性と耐久性(退色、ひび割れ)
屋根のスレート材(艶落ち、変色、チョーキング、塗膜割れ、剥離、など)

様々な建材に対する塗り替え適正試験を常時暴露実験しています。

この実験はまだ4年ですが、4年経過でまだツルツルという事は10年は大丈夫でしょう。
実際にお客様に提供して良いレベルの塗料と施工だったという実証になっているわけですね。

また、別の機会に公開できればと思いますが、過去の実験では、ひび割れない断熱型塗料というどうにも都合のいい塗料を勧めて来た塗料販売店がいましたが、サンプル塗料を仕入れて実験したら、1年で割れました。

また、30年持つと言ってきた無機ハイブリッド系クリアー塗料を勧めて来た販売店もいました。
最初からはい、はいって気持ちで好奇心で一応サンプルを購入して実験したところ、2年ほどで汚れが発生しています。比較対象として、15年限界のシリコン系クリアー塗装も隣に塗装しておいたのですが、そっちは全く汚れていません。

残念なことですが、新しく世に出て来た塗料の中には10年を待たずに廃版になる塗料はいくらでもあるという事を知って頂きたいです。

そして、本当にいい塗料なのに、使用方法が悪くて数年でダメになってしまう事も多いので、魅力的な塗料の提案でリフォーム会社を選ぶのではなく、見識の優れた業者かどうかをじっくりと検討して頂きたいと思います。