千葉県松戸市にて半年後にサイディングに亀裂が発生

CameraZOOM-201411231913100751-e1477032490156
松戸市で半年前に日本ペイント ダイヤモンドコートシリーズのアルマース2色分け塗装にて施工を行ったお客様から担当者の方にご連絡が入り、お伺いしてみると外壁のサイディングに亀裂が入っていました。
塗装工事以前から割れていた部分に弾性パテにて補修を行ったのですが、そのパテが裂かれるように割れておりました。
恐らく地震か何かしらの建物の挙動にて割れが再び出てしまった可能性がありました。

再度職人の調整をしてお伺いする事になり、お施主様も安心頂けた様でした。

施工前からお客様には一度割れてしまった部分は補修しても再度割れて来る可能性をご説明させて頂いておりましたので治してもらえないかもと思われていたようです。


2000年ごろのサイディング住宅の場合、いわゆる直貼り工法が採用されているケースが多く、様々な不具合を引き起こしてしまいます。
※現在はサイディング外壁に使用する場合は通気工法が基本です。
思わぬ不具合にもつながりますので、2000年前後に窯業サイディングで建築された建物にはより注意が必要だと実感しました。

こういった症例と正面から向かい合って改善し、積み重ねて行く事で確実な知識と技術が蓄えられ、より的確な施工が出来るようになる為に一層力を入れて取り組んでまいりたいと思います。