窯業サイディング目地シーリングの種類と耐久性について

一番ご質問を頂く内容が、ウレタンが良いのか変性シリコンが良いのかです。
一言では申しあげにくいのですが、単純に新築の時は、シーリングの上から塗装はしないのでシーリング自体の耐久性(耐候性)が重要になってきます。ですので変性シリコンが良いと言えます。
例外としてオートン化学製品の「オートンサイディングシーラント」は、ネオウレタンと称し、JIS高耐候区分に適合する9030を取得していますので、唯一ウレタンでも露出部に使用できる高耐候型になります。

そして、塗り替えの場合はシーリングの上から塗装をするのでシーリングが露出するわけではないのです。
シーリング自体の耐久性よりも、シーリングと塗料の密着性を表す「後塗装性」「塗料適合性」が重要かと思います。実は「シーリングと塗料の相性」も有りますので、弊社では実際に密着試験を行って、組み合わせの良い物を選択させて頂いております。(お見積もりの際にお見せ出来ます)
後塗装性が安定的に良好なのは「一成分形ポリウレタンシーリング ノンブリードタイプ」です。
弊社でよく使用するウレタンの場合はコニシの一成分形ウレタンシール ノンブリードタイプをお勧めしております。

先程、ご説明させて頂いた「オートンサイディングシーラント」は性能は良好ですが唯一の欠点として、湿気反応硬化型の為、気温が低く湿度が低い冬場において乾燥が異常に遅く4日経っても硬化しません。

無理に塗装してしまうと、密着不良を引き起こし性能低下につながります。
正確に工事しようと思うと工程が一時ストップしてしてしまい、お客様にご迷惑を掛けてしまうからです。

次にご質問が多いのは、「一液と二液ではどちらが性能が良い?」です。
数年前までは二成分形の方が耐久性は少し上だったように思いますが、最近はシーリング開発技術も向上し、差がないように感じます。その根拠となるJIS規格の耐久性区分の表記にもある8020と9030にあります。

8020に比べて9030の方が耐久性区分レベルが高いのですが、一昔前までは一成分形シーリングで9030に該当する商品がどのメーカーを見てもなかったのですが、近年では幾つかのメーカーで一成分形9030シーリングが発売されています。

更に最近では超耐候型変性シリコンシーリングなる物も続々と製品化されていますので、
塗装をしてからシーリングを打ち替える「後打替え」が必要な場合で、塗り替えの塗料も超耐候性の塗装仕様でメンテナンスされる場合には超耐候シーリングがお勧めです。
どんな場合に後打替えが必要かと言いますと、サイディングのデザインを生かしたクリアー塗装時やダイヤモンドコートブリック仕上げ時には後打替えが必要になります。
そして、超耐候塗料で代表的なフッ素クリアー「日本ペイント UVプロテクト4Fクリアー」や、無機ハイブリッド塗料「日本ペイント アプラウドシェラスターNEO」などで塗装する場合には、シーリングも超耐候型を使用しないとメンテナンスサイクルにズレが生じてしまいます。

※「クリアー塗装の際に後打替えでなく先打替えしてシーリングの上にクリアーを塗ればシーリングも紫外線から保護されるんじゃないの?」
というもっともなご質問も頂いた事がありますので、次の僕の独り言で語りたいと思います。