千葉県柏市 松戸市周辺で施工可能な日本ペイントダイヤモンドコートについて

今回は当社、有限会社シャインがお勧めする「日本ペイント ダイヤモンドコート」について詳しくご説明したいと思います。

日本ペイント ダイヤモンドコートについて詳しくはコチラ



まず、日本ペイントが開発した塗料という点とシステムが違う、という点が、
よくある「認定施工店限定塗料」や「自社オリジナル高耐久塗料」といった類の塗料と大きく異なる理由があります。

※本題までに少し前置きが長くなってしまいますが、たとえダイヤモンドコート対応外地域にお住いの方でも失敗しない為の統計的に警戒すべき会社や塗料の情報が詰まっていますので、全国でこのブログを見ていらっしゃる皆さんが間違った選択をしないためにもご一読頂けたら幸いです。

「代理店形式」でしたり「自社オリジナル塗料」と謳ったものというのは、表現こそ魅力的なカタログや資料を揃えていますが、中身のない不確かな耐久年数たったり、付着性が悪かったり、缶ごとに色、成分が微妙に違ったりと、粗悪品が多いのも事実です。
※JIS規格などの認可を取得する際だけ綿密に製造した塗料の成分表や試験データで審査を行うので認可は受かってしまう

「代理店形式」の場合
・厳選して厳しい審査基準をクリアしないと加盟できないと表示されているにも関わらず、加盟金を払えば簡単に取扱いできてしまうものが殆どだったりします。

・海外で開発された高性能塗料を謳っていながら、塗装して2年ほどで屋根のほぼ全面が剥がれたり、外壁の塗膜がブクブクと膨れてきたり、高耐久と言っておきながら陽当たりがいい南面だけもう色褪せてしまったり、様々な不具合を引き起こしている事実をご存知でしょうか?※メーカーも施工店が悪かったと立証できず塗料が悪かったと認めたそうです。

・営業色が強い塗装会社が取扱い出来てしまう為、下請け職人の実行予算が厳しく手抜きされやすい、お客様にとってはどの施工班が割り当てられるのか直前までわからない為、施工の丁寧さが担当する下請け職人次第になってしまう為、当然施工の不適切さが原因でクレームになっているケースも出てきます。※そうなって初めてその班はダメだと気付き仕事を振らないようになります。


8dd665c98a078c4ac58e9f566206c805-e1477028489910
コロニアル屋根塗装の剥がれ。高圧洗浄で洗浄は行っているものの、下塗り材の付着力が弱く剥がれてきている。
海外製塗料の指定の下塗り材に難あり
ee60e95cc71bc09a959e89175d89c1ad-e1477028526972
外壁塗装の膨れ
日本の高湿度環境の場合、伸び率の高い塗料をやみくもに使用してしまうと壁内で発生した湿気が逃げられず、塗膜ごと浮かしてしまう
「自社オリジナル塗料」の場合 ※業界的にOEM塗料と言われるもの
皆様もいきなりインターホン越しに耐久性が高いとの理由で外壁塗装を売り込まれたご経験はあるのではないでしょうか?
その際に自社で開発したオリジナル塗料だと言われたご経験はないですか?
最近ではこの手法で、そこまで高性能ではないにも関わらず、立派なカタログを用意していかにも高性能な塗料だと魅力的なトークで営業を掛けてくる業者が増えています。
「オリジナル無機塗料」「30年持ちます塗料」「自社開発した断熱塗料」などなど数えきれませんが・・・。
このオリジナル塗料のカラクリをご存知の方がどれだけいらっしゃるでしょうか?

・実はベンチャーメーカーが何とか塗料を売りたい為に安価な塗料を開発し、塗料缶のラベルを各加盟会社の物に差し替えて出荷しているだけだったりします。※カタログは各加盟会社用に製作しています

・ そこそこ大きな関東一円に支店が有るような塗装会社や、九州で実績を上げ関東に進出しました的な会社、芸能人をイメージキャラに採用している会社などは、 中堅的な塗料メーカーに製造ラインを確保してもらい、塗料缶もオリジナルのデザインを製造してもらい出荷してもらう方法を行ってオリジナル塗料としている 会社もあります。
※中身はその塗料メーカーの某商品と何ら変わらないので、適正な価格で見積もりしてくれ、下請け職人の腕が良ければ問題なし

・ 積水ハウス系やダイワハウス系の全国的に大きなハウスメーカー系の10年メンテナンス営業の際に提案される自社塗料は、さすが資本が大きい住宅販売会社だ けあって、大手塗料メーカーに色から成分からある程度品種を変えて製造してもらっているので、オリジナル塗料と言っていいと言えます。※製造コストも加わ るので、お施主様にかなり高額な見積もりが提出されます

以上が大きく分けた、市販化されていない特殊塗料系の特徴になります。


「日本ペイントだけがそんなに優れているわけじゃないでしょ?」

という疑問がここまでお読みの方には出てくる疑問だと思いますが、確かにその通りです。
当社でもその他に、大手の塗料メーカーさんの中で「SK化研・関西ペイント・大日本塗料・日本特殊塗料」など多くのメーカーさんとお取引が御座います。各社ごとに強みとなる塗料が有り、場面に応じて使用させて頂いております。

特別に高性能な塗料をお求めでない13年前後守ってくれれば、というお客様にはダイヤモンドコート以外のご要望や建物に合った塗料での適正塗装をお勧めしております。すべてに言えますが塗料性能ではなく施工適切性を重視して業者選びを行ってください。

「日本ペイント ダイヤモンドコートシステム」
を勧める理由

なぜ日本ペイントを勧めるのか、理由は大きく分けて3つあります。

一つ目の理由
日本ペイントの起源は1881年(明治時代)に遡ります。
日本の気候、環境、風土のデータを長い事蓄積し、塗料の開発を行ってきた国内最大手塗料メーカーです。
そして、経営理念の一つである
信義誠実  Credibility

「公正な倫理観」「高い責任感」「正しく合理的な判断」をもって社会の信頼に応える。

を曲げずに現在も塗料開発を行っている点です。
私たち、日本ペイントの認定施工店は、2か月に一回日本ペイント本社にて協議を行っております。よくあるメーカー研修会のトップダウン的な協議でななく、ボトムアップ的な協議を展開してくれ、塗料の使用者である私たちのニーズとお施主様のためのユーザーのニーズを取り入れた塗料を開発して頂いたことも有りました。

二つ目の理由

日本ペイントが出す、現実的な保証制度です。
通常のメーカー保証は「メーカー10年保証」と謳っていても品質保証が殆どです。品質保証というのは、塗料に対する保証であって現場で発生した不具合が、工程間のミスと判断された場合には一切保証してくれません。
なぜなら加盟店の施工技術を考慮して加盟させているわけではないので、保証の責任リスクが高まるからです。
その点日本ペイント ダイヤモンドコートシステムは、私たち加盟店の施工ミスにも保証をしてくれます。3年と短い期間ではありますが、施工間のミスだった場合の多くの不具合は3年以内に発生する統計が有るからです。

三つ目の理由
厳選した認定制度にあります。
私たちダイヤモンドコート認定施工店は、職人として現場で腕を振るっていた親方たちの集まりです。
現場責任者である職長も必ず審査を通過した職人でないと施工する事が出来ません。
他の多くの加盟認定制度は、現場を知り尽くした人間でなくても平気で加盟しています。塗装業の実績がなくても加盟しているところもあります。お客様の信頼を勝ち取る為の形だけの診断士や認定制度ではない点が魅力です。
拘りをもった施工店が多く集まるので、定例会の内容も技術の事、塗料の事でいつも盛り上がり、営業戦略の話はほとんど出ない事が多いですね。
※少しでも多くのお客様に適切な塗装を提供するための「外壁塗装の駆け込み寺」となるよう本当は必要なんですけどね。(^^;)



ダイヤモンドコート点検保証の仕組み
3年間は日本ペイント管理の元、保証を実施します。
1年目、3年目には施工店が定期点検を行い、日本ペイントに報告を行い不具合が発生していないかの検査をします。
その後の保証は、当社にて自社保証をお出ししておりますので最大12年間保証をお出ししております。
自社保証に関しましては、既存の築年数や劣化度合いに応じて保証期間は異なりますので、お見積もり時に提示致します。
塗り替えた箇所すべてを保証します!
日本ペイントの保証でさらに優れた点が付帯塗装にも保証するところです。
通常付帯部は1年保証などの会社さんが多い中で、日本ペイントが3年の工事保証をお出ししてくれます。

当社でも部位ごとに最大7年の保証をお出しさせて頂いております。
以上が「日本ペイント ダイヤモンドコートシステム」をお勧めできる訳です。
「日本ペイント ダイヤモンドコート公式サイト」をご覧になりたい方はコチラ