千葉県外からの外壁塗装工事に関する専門的質問が増えてます。

最近になって、日本全国の外壁塗装を検討されている方々からのお悩み相談が増えてきています。

群馬、広島、滋賀、石川、相模原、横浜など遠方の方々からも外壁塗装に関するご質問をいただいており、
内容も皆さまよく調べられていて、専門的ご質問が多い傾向にあります。
外壁塗装について業者選びで失敗しないように真剣に考えられているんですね。

代表的なご質問の一例ですがこんなお悩みをお持ちの方が増えています。
↓↓
「サイディングの直貼りについて御社のホームページを見たけど、詳しく提案してくれる業者がいないんです。」
「薄型スレート屋根(コロニアル、カラーベスト等)の割れが多いんだけど塗装で大丈夫ですか?」
「地元の業者に外壁塗装をお願いしたら一年で剥がれてしまい、あとから光触媒コートが施されたサイディングだったと知りました。」
「新築時の塗装が弾性リシン、ソフトリシンだったと知らずに塗装をお願いしたら南面が数年でぷくぷく膨れてきました。」
「屋根塗装をして数年でバリバリ剥がれてきたのでよく調べたらパミールという建材だと後でわかりどうしていいかわかりません。」

最近の塗り替えの時期を迎える築10~15年の住宅に使用されていた住宅建材動向からすると上記のような内容のトラブルが多くなってきており、専門的知識をもった塗装業者にお願いしたつもりでも、そこまでの対処方法は提案されなかった、もしくは数社に見積もりを依頼してもそこまで詳しい提案はないし屋根にも上がっていない、という事が多いようです。

しかし皆さま本当によく調べられているなと感心してしまうほどです。
見積もりに来た業者が知らない事を、調べて知っているわけですからね。
というか、多くのリフォーム会社やハウスメーカーが塗装工事に対して軽視し過ぎです。
塗装は素材に対して密着させて保護するわけです。
栄枯盛衰を繰り返す建材というのは、国の規制によって一部の原料が使用できなくなった場合など時に粗悪品も生まれ、
何年も同じ商品名で販売していた建材ですらその時期のものは強度が弱かったりします。
そういう情報をキャッチせずに今までと同じ提案をしていたら結果的にお客様にとっても会社にとっても良いことは一つもないはずです。
確かにキレイに塗るのはどの塗料を使ってもどのペンキ屋に塗らせても大してかわらないでしょ?
という意見も間違いではないですが、塗っても問題ない素材なのか製品なのかは別問題なはずです。
キレイに仕上がっても長く持たなくては意味がないですから。
そこら辺の知識が塗装業者よりもお施主様のほうが詳しくなっている事も多く、きっとそういう業者は過去の経験が新しい知識を吸収する弊害になっているんだと思います。
「いままでこうだったから、ずっとこれでやってきたから・・・」と。

全くの予備知識がないお施主様はいよいよ我が家をメンテナンスしようといったときに今はインターネットでいくらでも調べられますから、コツコツ調べているうちに多くの塗装業者より知識が豊富になっているのでしょうね。

※表面上の知識しかない上記のような多くの業者がインターネットで情報を公開しているわけですからそこに真実の情報は数%しかないという事も忘れないでください。

話が長くなってしまいそうなのでここら辺にしておきます。(^^;)

せっかく遠方からわざわざ電話やメールでご相談頂けるという事は、真剣に悩んでいる方々なんだろうなと思います。
知りもしない千葉県のいち施工店にSOSのご相談をされるわけですから、私たちも出来る限りのアドバイスはこれからもさせて頂きたいと思います。
毎日、飛び回っているので診断士は留守がちになります。、伝言かメールを頂ければ後ほどご対応させて頂きます。
比較的近郊エリアの東京都内ですとか、埼玉、茨城もちろん千葉県の方々もそうですが、近いから売り込まれたら嫌だなとか、まだやるつもりないし相談だけだと悪いから、とか思わないでくださいね。

弊社は塗装工事だけでなく、エクステリアや金属屋根もたくさん扱っています。
その中でも思うのですが、塗装工事は一度の失敗が、2回目3回目の塗装に影響します。
失敗した塗膜を全部はがして塗り替えることは住宅塗装では現実的ではないからです。
外壁そのものを張り替えたり、屋根を葺き替えたり被せ葺きしたりなら問題ないですが、コストが何倍にもなりますし、
出来れば塗り替えで済ませたい方は少なくないはずです。

でしたら、たかが塗装工事かもしれませんが業者なんてどこも大してと思わず、真剣に業者を探すことに専念してみてください。
良い高性能な上塗り塗料を使っても駄目です。
素材適正、密着適正は、総合的な状態把握が必要で、建築工法、建材、劣化傾向、既存塗膜などを加味して最適な処理方法、下塗り選定を必要とします。
時に高性能な上塗りがかえって不具合を早期に引き起こす原因にもなりかねない、なんて事も事実あるわけですので。

それではまた、何か気づきがあったら記事にしたいと思います。

千葉県柏市の外壁塗装、屋根リフォーム
有限会社シャイン 代表の古住(コズミ)でした。