神奈川県川崎市の3Fマンション改修にて、屋上のアスファルト防水の改修工事を進めてます。

神奈川県川崎市の3Fマンション改修にて、屋上のアスファルト防水の改修工事を進めてます。アスファルト防水はシート状のものをバーナーであぶりながら施工するため、ジョイント部分が多く、改修防水工事の場合、まずジョイント部分の補強塗りから進めていきます。

使用材料は、ダイフレックスのエバーコートZEROシリーズです。ダイフレックスさんの研修を受け、エコウレックス工業会に登録をしていないと仕入れができない商品となっています。
神奈川県川崎市 屋上アスファルト防水改修工事
神奈川県川崎市 屋上アスファルト防水改修工事
アスファルト防水層に塗膜防水を行う場合は、下塗りに水性プライマーを使用します。
溶剤プライマーだとアスファルト成分が溶解してしまうからです。

使用下塗りは、オープライマーです。
オープライマーを塗布してから12時間以内に次工程であるウレタン主剤を塗り重ねないといけないので、一日で2工程ができるように塗装ペースを考えて施工する必要があります。

ですのでまずは、アスファルト防水のジョイント部だけプライマーを塗布します。
神奈川県川崎市 屋上アスファルト防水改修工事
神奈川県川崎市 屋上アスファルト防水改修工事
オープライマーは乾くと透明になります。

2時間ほど乾燥させ、ウレタン主剤にジョイント用添加剤を加えてジョイント部分にたっぷりと塗布していきます。
本日はここまでにしておきました。

明日は、全体にプライマーを塗布し、ウレタンを流していきます。
屋上防水は、私、古住と粕谷の二人で進め、他のスタッフは外壁のシーリング打ち替えを進めています。