千葉県松戸市の外壁塗装、屋根修理+塗装の着工前ご近所ご挨拶に

千葉県松戸市の外壁塗装、屋根修理+塗装の着工前ご近所ご挨拶にお伺いしました。

26日から足場掛けスタートの予定です。

ご近所の皆様全員良心的な方々で快くご承諾いただきました。
工事中は、騒音や車両の出入りでご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますので、周辺住民の方々にはご案内状だけでなく出来るだけお声かけしてご挨拶させて頂いております。

工事を控えている奥様は、息子さんや娘さんと色の決定にお悩みの様でした。
色っていざ決めるとなるとご家族のいろんな意見が出てきて迷われてしまうものですね。

どれも捨てがたい組み合わせなんですけど、今後最低でも10年は決定した色で過ごすわけですから当然です。
弊社からも出来る限りのアドバイスはさせて頂きますが、色は好みですからこれがまた難しい。
過去の事例や実際の使用する塗料でのA4版見本板、シミュレーションなどあれこれ組み合わせて見て頂いてイメージが完成していくお手伝いはさせて頂いています。

お仕事で帰りも夜遅い中で外壁の色を決める時間を作らなくてはいけないわけですから大変です。
皆さんも色で迷われたご経験はおありではないでしょうか?

そんなスケジュールも逆算すると、最低でも1か月前にはどこに頼むか決定し、色決めを徐々に進めていくことをお勧めしております。

劣化の状態によっては季節を選ばないと高品質な施工が出来ない事も稀に有りますので早急な対応を迫られるケースもありますので、結局は千差万別。
適時適選を心掛けております。

適した時期的なお話もよく聞かれる事が多いですが、これも一概には言えないです。
猛暑を乗り越え秋の10月までわざわざ待ってでも施工をご希望されたお客様は、今年ははずれ年で9月10月の台風や長雨で工期が一か月に及ぶお客様もいらっしゃいました。

私たちは、工期が長くかかっても無理やりに人員を詰め込んで早く終わらせることはしません。
決められた人数でじっくり丁寧にを大切にしておりますので、塗装に向かないと判断したら、作業は止めてしまいます。
含水率(10%以下)、湿度(85%以下)、気温(5℃以上)、一つでも塗装に適さない時には、養生や下処理の作業以外は進めません。

冬場は、南面は朝方でも5℃以上になりますが、北面は日中まで塗装は待ったりなど年中工夫をして塗装工事を責任をもって施工に当たっています。

各社、保証を出すのは当たり前になっていますが、こういった細部に影響する品質は色褪せが始まる時期など保証対象にならないレベルの品質工事になりますので、ここは差を経験されたことのあるお施主様や、技術者にしかわからない事なのかもしれませんが。