【ニチハ モエンエクセラード プラチナコート(無機コート)】への塗り替え密着テスト

DSC07360-e1477532281747
ニチハ モエンエクセラード プラチナコート(無機コート)のサイディングを取り寄せて密着試験を行ないました。
塗替え時の塗装不可とされる無機コートサイディングが存在するので、現行のサイディングはどうなのかと気になっていたために実験を行いました。
このプラチナコートされた外壁用サイディングは、30年の耐久性が有るそうで、その間ノーメンテナンスで建物を守ってくれるそうです。
建売住宅などではあまり使用されない高付加価値商品ですが、30年本当に耐久する外壁だとすると、塗装職人の仕事は住宅では必要としない時代が来てしまうかもしれません。(^_^;)

実際に暴露試験をしたわけでは無い様なので、促進耐候性試験だけのデータでは30年耐久だそうです。
10数年前に出回ったサイディングも半永久的に塗替えメンテナンスなしで大丈夫といって売られていた物が、今では塗り替えが必要と認識されていますので、同じ事を繰り返さないでほしいものです・・・。

DSC07354-e1477532307431
塗装の事を今勉強しようとされている方には、良く判らない写真かも知れません。
奥側、手前側と別々の下塗りを使用し、上塗りは同じものを使用しております。(日本ペイント ファインシリコンフレッシュ)※シリコン塗料系では上級塗料です。
画面奥が光触媒コートでも無機コートでも上塗りを密着させる事が可能な、難付着ボード用万能シーラーを下塗りに使用。
画面手前が一般的なサイディングに最も良く使用される日本ペイントのパーフェクトサーフを下塗りに使用。
下塗り難付着用の高密着シーラー側のクロスカットテーピング試験
クロスカットテーピング試験を行なった結果です。
X字にカッターで傷をつけガムテープを貼った後にガムテープを剥がし、剥がれた塗膜がどれくらいガムテープに付着してくるかで塗料の密着力をテストする方法です。
まず奥側の塗装部分に試験しましたが、傷をつけた部分の塗膜のみが細かく剥がれてくる程度でしたので、密着良好な結果となります。
下塗りパーフェクトサーフ側のクロスカットテーピング試験
手前側の写真です。下塗りに汎用的なパーフェクトサーフを使用した方になりますが、やはり傷つけた部分の塗膜のみが剥がれてきただけでした。
やや前記(奥側)の方が剥がれが少ないようにも思いますが、どちらも良好と言える程度の結果となりました。
DSC07357-e1477532489852
ちなみにこちらの写真は、難付着ボードの診断テスト方法の一つで、特殊溶剤を付けた布でサイディングを擦ってみるという方法があります。
見事にサイディングの着色塗膜が溶解してきている事がお解かりかと思います。

診断テストの結果や、実際の密着テストの結果をまとめると、この【ニチハ モエンエクセラードシリーズ】のサイディングは塗替え可能なサイディングパネルだと言う事がわかりました。

10~15年ぐらい前に販売されていた高性能サイディングを使用した住宅の中には、塗替えしても塗料が密着しておらずに3年程度で剥がれてしまったお施主様を数人知っております。
そこまで多く普及している商品ではないようですが、私たちはいつそのサイディングに出会うかわからないので、お見積もり依頼を頂いて現地調査に伺った際には常に診断を入念に行っております。

6月の後半には江東区にて難付着サイディングだったお客様宅の塗り替えが控えておりますので、施工事例でもご紹介出来ると思います。
ちなみにそのお客様は、3~4社お見積もりを取られて、難付着と診断できたのは弊社だけだったそうです。<(`^´)>
これからも本物の診断力を活かして皆様のお役に立てる様、頑張りたいと思います。