サイディングでも塗り替えは必要ですか?

ご質問

サイディングでも塗り替えは必要ですか?

お答え

サイディングというものがこの世に出始めた当初は、メーカーの実績もなく住宅営業マンが半永久的などと宣伝した事もあり、それを信じてボロボロなのに今だにノーメンテナンスな建物もたまに見かけます。
サイディング一つとっても窯業サイディング、金属サイディングなどが主流でありますが、10年前までのサイディングなどは、特に品質の差が激しく、いつがメンテナンス推奨時期なのかはっきり言えない部分も有りました。
目安としては、メーカーのカタログの推奨時期に左右されず、「表面が剥がれてきた」「割れが多い」「目地のコーキングが開いている(ひび割れている)」などの症状が出ていたらメンテナンスの時期だと判断されると良いと思います。

特に窯業サイディングボードは表面のコーティングが剥がれると水分を吸水し、たちまちにボード自体が劣化しボロボロと脆くなってしまいますので注意が必要です。モルタル外壁よりも水分に弱いと言えます。
 
また、目地コーキング(シーリング)のメンテナンスも重要です。
通常、目地に隙間が出来たからと言って雨水ですぐに建物内部が腐りだすことは有りません。
木造住宅内部には一次防水として防水シートが張ってある為、それが侵入を防いでくれます。
防水シートも貼り方が悪かったり、年数が経過して防水性が無くなったりしていると
内部にも浸透してしまいますので木材を腐食させる原因になってしまいます。

更に、サイディング自体にも良くない事として、雨水がボードの小口から吸水し、サイディングボード自体の劣化にも繋がります。

ですので、コーキングの打ち替えはサイディング外壁のメンテナンスの重要ポイントになってきますので、
まずはコーキング(シーリング)を的確に施工する事、そして表面の劣化に応じて塗り替えを同時に行うかどうかの適切な判断が必要と言えます。

近年では、目地にシーリングを使用しない、金属サイディングなら割れないし水に強いとの事で
金属サイディングに人気が出てきております。
弊社でもお取扱いが御座いますので、詳しくはご相談ください。