へーベル(ALC)等パワーボードの塗装

パワーボードは、断熱性・防火性・遮音性・耐久性といった、非常に優れた特徴を持った建材です。
また、へーベルというブランドもあって人気の高い建材ですね。

デメリットとしては非常に吸水性が高く水分を吸い込みやすい特徴を持っているため、塗装は絶対に必要になものになります。
水分を含むと、中の補強材にまで水分が到達してしまい、ボード自体が非常にもろくなってしまいます。
ですので、表面の防水加工をし、吸湿性から家を守ることがとても重要になってきます。

ただし、やみくもに塗装を行えばそれでいいか、と言ったらそれは違います。
パワーボードの場合、直に貼り付けていく「直張り」「外壁通気工法」の2通りがあり、一般的に行われているのは「直張り」が多く行われています。

「外壁通気工法」の場合には、防水性だけを考え建材の中に含まれる金属製の補強材のサビへの心配はないでしょう。
ですが「直張り」の場合には、防水性だけでなく透湿性も兼ね備えた外壁の塗料が必要になってきます。

透湿性とは、水分は通さないけれど湿気はきちんと通すという性質になります。
雨などの水分ははじき、湿気はちゃんと通す。
それにより室内の湿度を適度に保つという機能です。

パワーボードの吸湿性と直張りという簡単な工法を考えれば、塗装において一手間かかってしまう事は仕方のない事なのかも知れません。

現在数ある塗装業者の中でも、「直張り」なのか「外壁通気工法」なのかを的確に見極められる業者が少ないのが現状です。
ここを間違えてしまうと後々になって「塗装をしたのにすぐに剥がれてしまった」等のトラブルになってしまう事もあります。
防水性と透湿性の両方を兼ね備えた塗料をきちんと選ぶ事で問題は回避する事ができます。

弊社では資格を持った「外壁診断士」がお伺いし、的確な診断をいたします。
診断・見積もりは無料となりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。





へーベル(ALC)外壁への下処理

before1
d9dafcf097e193bce0c99d2a3a3292bb

horizontal1
after1
18c2e7991fc24467752927baf641cb3e

下処理

ALC_1
こびりついた埃やコケを水圧で除去します。
洗浄で落ちないカビや藻などは、除藻剤を使用したバイオ洗浄を行なっていきますが、今回は必要のない状態でした。

塗装工程

ALC_2

ALC_3

下塗り(水性ペリアートUV)

下塗り・上塗り共に水性ペリアートUVにする事で微弾性のある塗膜となり、旧微弾性塗膜に追従する事ができます。

ALC_4

f96d9b4281f6d16b3c7589aed5a17be5

上塗り(水性ペリアートUV)

単一色ではなく、様々な複合色が創り出す自然本来の優しい彩りが、住まいの外壁に深い味わいをかもしだします。
18c2e7991fc24467752927baf641cb3e

  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る