幕板への施工(メンテナンス時期を過ぎた事例)

幕板の下地補修&ガルバ鋼板カバー工法 塗装仕上げ

幕板ビフォーアフター

before1
before3

vertical1
after1
after32

幕板の中のアップ写真
柏市のM様邸の幕板は一部が落ちてしまっていました。
お施主様は気づいていたが半年放置してしまったとのことでした。
脚立に上って中をのぞいてみると・・・
雨水にさらされて下地が湿っているように見えます。
腐っている部分もあります。

今回は下地を修繕してガルバ鋼板を巻く工事をお客様と相談し、採用していただきました。

幕板と軒天をはずす

幕板をはずす写真
まずは幕板を撤去します。
img00511
やはり下地の状態はひどいものでした。

劣化部分を除去して新しい下地の取り付け

新しい下地の取り付け
使えるところは使って、朽ちた部分は新しく取り付けました。
1mmの隙間もなくぴったり収まっています。
img0069
軒天も取り付けます。

パテで

img0088
ガルバ鋼板を巻くための下地を取り付けます。
img00910

ガルバ板金を取り付け

ガルバ板金の取り付け写真
ガルバ鋼板を巻いていきます
img0118
ガルバ鋼板コーナー部分の加工
img0127
取り付け完了
img0135
コーナー部分もキレイに仕上がりました。

幕板の塗装

ケレン

img0145
取り付けたばかりのガルバ鋼板ですが、塗料の密着を良くするために研磨パットで少し磨きます。

幕板のシーリング(コーキング)

img0167
雨水の侵入を防ぐためにシーリングを充填。
img0173
ヘラで均し完了です。
img0183

幕板釘頭のシーリング(コーキング)

img0194

img0204

全ての釘頭にもシーリングを充填します。

釘頭のシーリング(コーキング)処理はやらない業者がとても多いのが現実です。
この小さな隙間から水が侵入することは確かに滅多に無い事かもしれませんが、あり得る事なんです。
侵入した水が凍って凍害を起こしたり内部の腐食させたり・・・
悪さをした結果、家の寿命が短くなって修繕費用もかかってしまいます。


幕板の塗装

img0213

img0223

2回塗りで仕上げて幕板補修工事の完了です。

破風板のガルバ鋼板でのカバー工法

破風板ビフォーアフター

before1
劣化した破風板のビフォー

vertical1
after1
劣化した破風板をガルバ鋼板でカバー工法後の写真

破風板の劣化箇所
前回、前々回の塗装がただ塗っただけの塗装になっており、
破風板を保護する役目を失っていました。
こうなってしまうと塗り替えでは持ちが悪くなってしまうので、
金属板(カルバ鋼板)か窯業系の破風材で被せる工事(カバー工法)をご提案し、お客様にはガルバ鋼板でのカバー工法を採用していただきました。
img00211

img0049

img00512

ガルバリウム鋼板は職人が現場でサイズを合わせて加工します。
熟練の職人が寸分たがわず丁寧に加工していきます。

ガルバリウム鋼板の取り付け

img00610
ガルバリウム鋼板で既存の破風板をカバーします。

img0077
コーナー部分の加工もキッチリ収まっています。
img0089
img00911
img0109
釘を打って固定します。
釘頭からの水の侵入を防ぐために、シーリング(コーキング)を充填しました。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る