モルタル外壁のクラック(ひび割れ)補修

モルタル外壁のクラック補修と着色塗装

外壁のビフォーアフター

before1
6312111d5b19dc798bef146b2af9c1b0-e1475818902799

vertical1
after1
573713b56b443732549a15cf88d10622-e1475818937375
モルタル外壁の写真です。
塗料はパーフェクトトップを使用いたしました。
DSC08199-e1475819739228
外壁に指先で触れると、白い粉のような物が指に付着しました。
これはチョーキングと呼ばれる現象です。
塗膜には水を弾く層がありますが、それが紫外線などにより劣化してしまいチョークの粉の様になって手に付着する現象です。

これは外壁の塗り替えを行うサインの1つになります。
緊急性はありませんが、こういった現象を長期放置してしまうと、水分が外壁の内部に侵入してしまい、大掛かりな補修が必要になってしまいます。



下処理

DSC_0684-e1475819771195
まずは高圧洗浄で外壁の汚れや油分をすべて洗い流します。
洗浄で落ち無い藻やカビなどはバイオ洗浄を行う場合もあります。
DSC_0704-e1475819802621
窓枠の下に軽微なクラック(ひび割れ)がありました。
この程度のクラックなら補修を行う事が可能です。
大きなクラックになってしまうと補修も大掛かりなものになってしまうので、小さなクラックのうちに補修を行うのが得策です。
DSC_0705-e1475819833412
クラックの中に補修剤(コーキング)を打ち込むため、
外壁とコーキングの接着面を充分確保する為に、あえてカッターを使用してV字に口を広げ、充分な広さと深さを確保します。
DSC_0707-e1475819864394
先ほどV字にカットした箇所に、
接着剤の役目となるプライマーを塗布していきます。
奥までしっかりと塗布出来るよう小さな刷毛を使用し、
丁寧に塗り込んでいきます。
その後規定の乾燥時間を経て、コーキング剤を打ち込んでいきます。
DSC_0710-e1475819934273
プライマーがしっかりと乾燥したのを確認した後、
コーキングをしっかりと奥まで打ち込んでいきます。

充填が不十分だったり空気や水分などが入ってしまうと、
せっかく補修を行ってもまた剥がれてしまったり、破断してしまったりといった事が起こる可能性があります。
少しづつしっかりと丁寧に充填していきます。
DSC_0711-e1475819961669
ヘラなどを使用し、均等に均していきます。
Y様邸の既存の外壁の模様を損なわぬよう、
模様をつけながら均していきます。







モルタル外壁への着色塗装

DSC_0748-e1475820162250
外壁全てのクラックなどの補修を行った後
塗装を行っていきます。

下塗りにはパーフェクトフィラーを使用しました。
パーフェクトフィラーは水溶性なので環境に優しく、
また、ひび割れ追従能力にすぐれ、中性化防止に役立ちます。



DSC_0749-e1475820259531
平らなローラーではなく、この様に少し凸凹のあるローラーで塗布していきます。
スタッコ仕上げのモルタル外壁(模様のある外壁)では、表面だけでなく模様一つ一つに側面がありますので、全て均等に塗布出来るよう、このようなローラーを使用して塗布を行います。
DSC_0750-e1475820288425
外壁の下塗りが完成しました。
次は中塗りを行っていきます。



DSC_0768-e1475820321673
中塗りにはパーフェクトトップを採用していただきました。
パーフェクトトップは、塗料工業のパイオニアとして知られる日本ペイントの新技術、
「ラジカル制御技術」を用いた塗料です。
ラジカルが塗膜に触れるのを抑える事で紫外線による外壁の塗膜劣化を防ぎ、塗装の寿命を延ばしてくれます。


DSC_0769-e1475820362665
上塗りもパーフェクトトップを塗布していきます。
有機溶剤の含有が少ない水性塗料ですので、環境にも優しい塗料です。
ムラの無いように丁寧に仕上げ、外壁塗装の完成です。
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。
DSC_0835-e1475819669665
これでモルタル外壁のクラック補修と着色塗装の完成です。






  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る