サイディングボード外壁のクリヤー塗装

サイディングボードへの下処理

下処理工程と全景のビフォーアフター

before1
5025b0192e6d5bc4a2e8be224e0c2fa2

vertical1
after1
fa3c2896b2729abe7a8dd3c8e7f03387

高圧洗浄

1b153a3b7a21ad50d7c70320cc402f5850
こびりついた埃やコケを水圧で除去していきます。
洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去を行っていきます。

シーリング(コーキング)打ち替え

3fbf91fcbafd70713484263248bd178b1
一見きちんと密着しているように見えるシーリングですが、劣化してしまったシーリングは、指で押してみると亀裂が入ったりふかふかになっているのがわかります。

この状態で放置してしまうと、雨水などの水分が外壁内部に侵入してしまい、外壁自体の交換になってしまうなどの大掛かりなリフォームが必要になってしまいます。

緊急性はありませんが、早めに新しいものへ交換を行ったほうが安心ですね。



a75d5e3310c95c84c985b4e34f883bf9

2d8bb8361061d4e6bf888894b306463a2

劣化しているシーリングの撤去を行っていきます。
専用の工具を使用し、丁寧に除去をしていきます。
取りきれないシーリングはカッターなどを使用し、全ての既存シーリングを撤去します。
DSC020141

dc2e59db2343f189e7b55d0e6f43b253

ボンドブレイカーについての説明文を入力
bdfa7678c0fe2bdee64a91fd54ff6770
【シーリング(コーキング)用プライマー】


シーリングの密着不良による、シールと外壁材との界面剥離を防ぐ「プライマー」を塗布していきます。
接着剤のような役目があります。
刷毛を使用し、奥までしっかりと塗布していきます。

この後に打ち込んでいくシーリング剤の選択も重要で、塗装との相性を考慮し、外装材協会推奨のシーリングを使用する事が重要です。
67b8de301178d87f05fdc06e0972af3e
【シーリング材(コーキング材)の選択】


窯業系サイディングボードの目地は動きが多い為、硬化後の伸縮性が高いシーリングを使用します。
(低モジュラス性)

空気、水分、油分などが混入してしまうと、早期剥離の原因になりますので、慎重に打ち込んで生きます。

*塗装後の黒ずみ防止のためには、非汚染タイプを選ぶ事も重要です。
4d93fdd42c12e363bde5f9c704eb3c5b
専用のヘラを使用し、先ほど打ち込んだシーリングを均一の厚みになるように均していきます。

均し作業の時も、空気などが入り込んでしまわない様に丁寧に均していきます。


d748bd2846e5a39fc02dcac258046b3b
シーリングが完全に乾いてしまう前にマスキングテープを剥がしたら、シーリング打ち替えの完成です。




確実に長持ちする塗装工事に必要な下処理や下地補修は、想像以上に工程が必要です。
ここからやっと、塗装工事に入ります。

塗装工程

クリヤ塗装1回目

99bca4b1381017096b525bf7def242ce
ローラーを使用し、全体に塗布していきます。
着色塗装とは違い色がありませんので、塗り残しの無い様に気をつけながら塗布していきます。

クリヤ塗装2回目

407907e3ce6607a873107cf5146da57d
2回目もローラーを使用し、全体的に塗布していきます。

2回目の塗料もクリヤ色になりますので、塗り残しがない様にしっかりと全体に塗布していきます。
fa3c2896b2729abe7a8dd3c8e7f03387

d22376f98f196cf25438a0c78937658c1

これで外壁のクリヤ塗装は完成です。

着色塗装とは違い、既存の外壁の模様やお色などをそのままに、ツヤツヤとした外壁へと変身する事が出来ます。
劣化してはいるけど、お色を変えたくない。
レンガ調の模様はそのまましっかりと残したい!
などといった場合は、クリヤ塗装がオススメです。

  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る