地味だけど大切な工事 釘頭のパテ処理編

pate

釘がサイディングパネルに与える影響を軽減


近年のサイディング壁の多くが釘で留め付ける『釘留め工法』が主流です。

サイディングの留め方は、大きく『金具工法』と『釘留め工法』に分けられます。
その中でも主流なのが『釘留め工法』で、なぜかといえば新築時にコストを抑えられるからです。
釘頭のパテ処理
この釘留め工法。

下地に釘で直接留めるため、建物が揺れた際に
サイディングパネルに負荷が掛かかってしまうんです。

そのためパネルにヒビ割れが発生したり、釘周りに欠損が生じやすくなります。
釘頭のパテ処理
塗装業者の場合、大きなヒビ割れは補修を行ってはいますが、
釘周りの補修を行う提案はなく、そのまま塗料で埋めてしまっているケースがほとんど
です。
残念ながらしっかり埋まってしまえば、仕上りでは判断できません。
しかし・・・
釘頭のパテ処理
釘を揺らしてみると簡単に塗膜が割れてしまいます。
keibi
何百と使用されている釘を、一つ一つ埋めていくのはとっても手間が掛かります。 その割に見た目は非常に地味・・・。

釘頭のパテ処理

でも手間を掛けた分、効果は抜群!


釘を揺らしても塗膜割れを起こしません。
弾性パテが動きを緩衝してくれるからです。

仕上りではほとんど差が無くても、数年後に釘の周りがパキパキ割れてくる。
せっかくキレイに仕上がった外壁がそうなってしまうのは絶対!避けたいですよね。
この違いはご提案の時に実例パネルをお見せしておりますので、見れば納得ですよ!

  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る