千葉県浦安市 I様邸 ガイナ 外壁・屋根・付帯塗装

築年数
13年
坪数
36坪
外壁
ガイナ  保証:10年
屋根
SK科研 クールタイト  保証:10年
付帯
ファインシリコンフレッシュ  保証:5年
外壁

外観

before1
DSC03822-e1476240225416
vertical1
after1
DSC085621-e1474378006127
流山市I様邸の外壁塗装見出し
before1
DSC03813-e1476240266191

horizontal1
after1
14055922006761-e1476240305222
1405592304185-e1476240338392
高圧洗浄で徹底的に洗浄をし、クリアー塗装後に縦目地が無い状態だったので、サイディングの突合せ箇所を工具を使い、目地を形成して新たにコーキング材を打ち込みます。
1405592223765-e1476240459707
新しくコーキング剤を打ち込む前に、専用の下塗りが必要です。
サイディングパネルとコーキング剤の接着剤の役目をしますので、疎かにはできません。
しっかりと規定の塗布量を塗りこみます。
1405592216748-e1476240549268
空気が入るとそこから剥がれたり膨れたりするので、打ち込む際は空気が入らないように奥までしっかり打ち込み、キレイに均します。
使用するコーキング剤もサイディング専用の低モジュラス性の物を使用する事が大切です。
1405592196493-e1476240574261
しっかり均し、コーキング材が完全に乾く前にマスキングを取ったら、コーキング打ち替えの完成です。
before1
DSC03830-e1476240638671

horizontal1
after1
DSC08124-e1476240685590
DSC03690-e1476240802114
屋根塗装にとって最重要なのは、下処理 となる作業です。 
最大15Mpaの水圧で、長年こびり付いた コケや藻を飛ばします。 

DSC03704-e1476405066899
4寸勾配以下の場合は、ダブル工法を推奨。
塗り替え後の毛細管現象による雨漏りを防ぐための作業です。
DSC03711-e1476405097296
棟板金部を止めている釘が少し飛び出してしまっています。
このまま放っておくと釘が外れ、強い風や台風で板金部が飛ばされてしまう恐れがありますので、飛び出している釘を打ち込みます。
DSC03751-e1476405183622
板金部にもシーラーではなく防腐プライマーを塗布します。
DSC03754-e1476405213586
劣化した塗膜を、ペーパーヤスリを使って丁寧に剥がしていきます。
DSC03755-e1476405252535
雪止めは板金部と同様に金属ですので、シーラーではなく防腐プライマーを塗布します。
DSC03758-e1476405284550
既存の劣化しているシールを撤去して、奥までしっかりコーキング剤を打ち込みます。
DSC03759-e1476405554693
打ち込んだコーキング剤を丁寧に均してから、マスキングテープを剥がします。
DSC03761-e1476405634204
釘頭にコーキングを乗せ、水の侵入や抜け落ちを防ぎます。

DSC03762-e1476405668426
このコーキング処理は新築ではほとんど行われていないため、
釘が抜けて実際に板金部が飛んでしまったケースも少なくありません。
DSC03763-e1476405699690
スレート材に吸わせて、下地ごと強化する役目があります。
塗布後にぬれ感が出たら、下塗りOKとなります。
吸い込みが激しい場合には、もう一度塗り重ねます。(メーカー指定)

DSC03765-e1476405888335
クールタイトは太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外領域を反射し、優れた遮熱性能を実現します。
低汚染機能を発揮し、汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期に亘って高い遮熱性を維持します。
DSC03766-e1476405923220
2回目もムラのないよう丁寧に塗布し、屋根塗装の完成です。
before1
DSC03707-e1476408573629
horizontal1
after1
DSC03772-e1474553701572
DSC03708-e1476406269368
ケレンとは、こびりついた汚れや藻や錆をペーパーヤスリや専用工具で落としていく作業です。
ケレンを疎かにすると、汚れでデコボコ状態の素材の上に塗料を塗るわけですから、当然剥がれの原因になったりします。
そうでなくても、藻や汚れの上から塗装するのは気持ちが悪いですよね。
DSC03714-e1476406301560
破風板のつなぎ目隙間をあえて少しV字に広げます。
このひと手間で素材とコーキングの密着力が高まり、お住まいの長持ちに繋がります。
DSC03715-e1476406328108
シーラーの塗布量は吸い込みが収まり、ぬれ感が出るまでです。
劣化した素材が硬く固まるため、上塗り剤が強固に密着し、長期に剥離を防ぎます。
DSC03724-e1476406359583
浸透シーラーの付着力のテストのために、ガムテープによる剥離テストを行いました。
徹底的に劣化塗膜を除去したうえで、再度浸透シーラーを塗布しております。
DSC03737-e1476406561951
コーキング剤と素材の相性を考慮した専用プライマーをたっぷり奥まで塗り込みます。
DSC03738-e1476406592465
プライマーの乾燥時間を厳守した上で、
コーキング剤を奥まで打ち込みます。

プライマーが完全に乾燥していないと、密着力不足でコーキング剤が剥がれてきたりして、劣化速度が速まってしまます。
乾燥後長時間放置すると表面にゴミ、油分、塩分が付着し、接着不良を起こしやすくなりますので、乾燥しすぎも厳禁です。
その日の気温によってもタイミングが変わってきますので、よく見極めてから打ち込みます。
DSC03740-e1476406637488
キレイに均してから、コーキング剤が完全に固まる前にマスキングテープを外し、コーキング打ち替えの完了です。
DSC03756-e1476406671708
塗布量を守り、ムラの無いよう丁寧に塗りこみます。
DSC03768-e1476406758946
今回上塗りに採用していた日本ペイントのファインシリコンフレッシュは、防汚染性に優れた塗料です。
また、光沢低下や変色が極めて少なく、高耐候性を発揮してくれます。
DSC03770-e1476406945291
F☆☆☆☆ですので、環境にも優しい塗料です。
ムラなく丁寧に仕上げ、完成です。
DSC07620
DSC08115
DSC03746-e1476407395916
1405592184164
DSC08561
9b85dfb44b1f63f5a0a6455eabbfcd5e27
DSC03774-e1474553722122
DSC03713-e1476408131679