千葉県印西市 M様邸 ディプロマット カバー工法 

voice1
225cdb8399a268219ccc991c97dd9a7f-e1476154665947
日本ペイントから認定された施工店であった事、
工事にあたり、二次業者に再委託しない体制であった事、
上記二店点を含めて作業品質の優位性が認められた為、決めました。



築年数
20年
坪数
45坪
屋根
石付きガルバリウム鋼板 ディプロマット カバー工法 
メーカー保証 30年

全景外観

53630e34ce4feaf12bf841204b71178f
before1
千葉県印西市 M様邸 全景 施工前
horizontal1
after1
225cdb8399a268219ccc991c97dd9a7f-e1476154665947
CIMG3418-e1476154877401
今回製品保証30年の屋根材ディプロマットをカバーさせて頂いたM様邸の現調時の写真です。下屋(1Fの屋根)の軒天と破風板がボロボロになっていました。恐らく下屋に雨水の浸入口があるのだろうと下屋根を見てみると・・・
DSC03825-e1476154905873
軒天と破風板がボロボロになって雨漏りしていたところのちょうど上です。うん?ケラバにケラバ?どうなってんだ?この造りじゃ、そもそも雨樋に雨が流れないぞ。そりゃ雨漏りするよ。今回はここの造りをきちんと雨樋に雨が流れるように変更してなくてはいけません。またボロボロになっていた軒天と破風板も一部交換する事となりました。
CIMG4562-e1476154937675
破風板を外してみると・・・破風板を打ち込んであった木が腐食し、ボロボロになっていました!このままでは破風板も軒天も打ち付けられないので、腐食した木は交換する事としました。
CIMG4591-e1476154966841
交換した状態です。
CIMG4904-e1476154997834
最後にガルバリウム板金を巻いて、完了です。
P1010067-e1476155037423
高圧洗浄

まずは高圧洗浄にて、長年でこびりついてしまったコケや藻などを落としていきます。

屋根塗装において最も重要で大切な作業になりますので、隅々まで丁寧に洗浄を行います。
CIMG4571-e1476155067776
洗浄が終わったら、現状の屋根の上にルーフィング(防水シート)を貼っていきます。弊社では通常の釘で留めるだけのタイプであるゴムアスシートではなく、粘着式のルーフィング「アンダーガムロンK」をお勧めしております。通常のゴムアスシートは濡れて乾いて凍結して融解してを繰り返すうちに端の部分が反って来ます。しかし、アンダーガムロンKは粘着式なのでその心配がありません。ルーフィングは屋根防水の最後の砦です。いいものを使った方がいいです!
CIMG4595-e1476155101715
ルーフィングを貼り終ったら、軒先やケラバに専用の役物(本体以外の部材)を取り付けていきます。
CIMG4723-e1476155143640
役物を付け終わったら、本体を貼っていきます。
CIMG4915-e1476155217426
本体を貼り終わったら最後に棟板金(屋根の天辺にある板金)を取り付けます。
PC260017-e1476155255922
各役物のジョイント部等にコーキングを打ち込んでいます。