茨城県守谷市久保ヶ丘 K様邸 ダイヤモンドコート 外壁塗装

外壁塗装

外壁 ダイヤモンドコート 10年 色=22-75C
屋根 サーモアイSi 10年 クールコーヒーブラウン
付帯 ファインシリコンフレッシュ 5年 ND-105

シャインはダイヤモンドコート認定施工店です

icatch31-e14764215131991
日本ペイントが研修や実習を行い、その技術を認定された施工店だけが「認定施工店」となります。
認定施工店の1年目・3年目点検だけでなく、シャインでは2年目・4年目点検もおこなっております。
before1
befor22-e1476420839634

horizontal1
after1
after19-e1476420849875

g_00220-e1476420754509
外壁に這ったツタはとても頑固で、高圧洗浄では除去しきれません。

かなブラシで一本一本除去しました。
g_00323-e1476420742406

before1
g_00718-e1476420694860
ベランダの笠木部分からクラックが発生し雨水を吸水しており、変色・劣化が進んでいました。
補修せずに塗り直すと今後さらに悪化してしまう恐れもありますので補修します。
horizontal1
after1
g_00619-e1476420706840

g_01315-e1476420648264
プライマーをたっぷり塗りこんだ後、コーキングを充填します。
奥までしっかりと押し込むようにヘラで均していきます。
g_01511-e1476420624653

g_01413-e1476420638893

g_00918-e1476420683717
他の軽微なクラックにも同じくコーキングを打ち込みます。

このままではコーキングの部分だけ平らになり目立ってしまいますので、
周囲との模様合わせのためマスチックローラーという特殊なローラーで凹凸を立てます。

g_01116-e1476420670464

g_01610-e1476420611779
大きなクラックにはVカット工法を採用しています。
g_0188-e1476420589836
まずはクラックをV字にあえて広げます。

コーキングと外壁との接着面が広くなり、長持ちにつながります。
g_0198-e1476420574434
プライマーをしっかりと塗ります。
プライマーは塗料との付着性を高めてくれる下地塗料です。
g_0206-e1476420561183
適度に乾いたところでコーキングを打ちます。
奥まで充填します。
g_01710-e1476420601599

g_0225-e1476420548476
下塗りにパーフェクトフィラーを塗布していきます。
パーフェクトフィーラーは日本ペイントの塗料で、クラックの追従性に優れています。
g_0234-e1476420536587
いよいよダイヤモンドコートです。
下塗り剤パーフェクトフィラーで白く綺麗になった外壁に塗装するのは気持ちの良いものです。

g_0243-e1476420517849
ダイヤモンドコート二回目の塗装です。
細かいところまでムラのないよう塗装していきます。
g_0252-e1476420505819
ダイヤモンドコートの特徴の一つであるGLクリヤーの塗布です。
このクリヤーを塗布することで紫外線から外壁を守り、色褪せやチョーキングの発生を抑えます。


まさに日本ペイントが生み出したプレミアム塗装システムと言えます。

全体の塗装終了後にタッチアップ(塗り残しや塗りムラをチェックして修正)を行い外壁塗装の完成です。
g_0261-e1476420493632