千葉県流山市 W様邸 モルタル外壁塗装 パーフェクトトップ

<流山市 W様 2016年4月施工>

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
流山市W様邸
vertical1
after1
流山市W様邸
千葉県流山市加のW様邸、モルタル外壁です。塗料はパーフェクトトップ、お色は07-40Pで色鮮やかに仕上がりました。屋根はファインパーフェクトベストを使用しました。
築年数
15年前後
坪数
33坪
施工部位
【外壁塗装】
【屋根塗装】
【付帯塗装】
軒天、破風板、幕板、雨樋、霧除け、雨戸、その他
外壁塗装 パーフェクトトップ 自社保証7年
屋根塗装 ファインパーフェクトベスト 自社保証10年
付帯塗装 防錆形ファインSi 自社保証5年
before1
流山市W様邸
horizontal1
after1
流山市W様邸
ウッドデッキの小屋脇、留め金を取り付けてあったと思われる外壁が金具を塗膜がなく、穴も開いている状態をパテ補修で埋めました。下塗りはパーフェクトフィラーを塗布しました。外壁塗装はパーフェクトトップ、外壁色を日塗工色より特注色を選択いただき、こだわりの色で仕上がっております。
流山市W様邸
下塗り
パーフェクトフィラー
流山市W様邸
中塗り
パーフェクトトップ
流山市W様邸
上塗り
パーフェクトトップ

屋根塗装ビフォーアフタ-

before1
流山市W様邸
vertical1
after1
流山市W様邸
屋根の前回塗装されていた塗膜が剥がれてきていたので、高圧洗浄だけでは取れない浮き劣化塗膜を下処理工程で除去、下塗りに下地調整機能があるべスコロフィラーを使用し、上塗りにはファインパーフェクトベストを2回塗りし仕上げました。板金部の釘打ち替え、釘頭処理とコーキングやジョイント部のコーキングの打ち替えも徹底しています。屋根塗装後に雨漏りを誘発しないように、縁切り処理としてタスペーサーの挿入も行いました。
流山市W様邸
屋根塗装下塗り
べスコロフィラーで密着と厚膜を両立
DSCF1251
屋根塗装中塗り
ファインパーフェクトベストで1回目
流山市W様邸
屋根塗装上塗り
ファインパーフェクトベストで2回目塗装。規定塗膜をしっかり形成

その他付帯塗装

流山市W様邸
雨樋塗装
流山市W様邸
幕板塗装
エアコンホーステープ巻直しサービス
流山市W様邸
雨戸塗装

使用材料

流山市W様邸

外壁塗装工事を終えて

voice_3
73040bfa34c519ddc1a75183308fc8be
見積もりは2社から取り、金額は貴社の方が高かったのですが、下見及び見積もりの説明等がしっかりしていたので、貴社にお願いすることにしました。

思いのほか天気が悪く大変だったと思いますが、細かなところまで丁寧にやって頂きました。
連絡ノートは良かったと思います。

あいさつも気持ちよくして頂き、作業も丁寧でした。
とても満足しています。
voice_2
W様、このたびはシャインに外壁塗装と屋根塗装をお任せ頂き誠にありがとうございます。
W様は、前回の塗装工事で特に屋根塗装で失敗されたようです。そのため今回は徹底した剥がす費用が嵩んでしまいました。
塗装工事は1回目に失敗されると、2回目でその処理に大変な費用が必要な事もあります。
今回はそれほどでは無かったので幸いしましたが、この1回目が塗料が良いと思って契約したにも関わらず、施工が粗悪で10年以内に剥がれてくると、2回目には粗悪な塗膜をまず除去する工程が必ず必要になります。
この除去する工程に掛ける手間が各会社で大きく異なり、簡単に済ませてしまうと1回目と同じ事の繰り返しになってしまいます。
かといって1回目の塗膜をすべて除去することは現実的に不可能で、浮き劣化塗膜の除去が限界になります。残っている塗膜が密着していてくれれば、問題ないのですが、不安なので溶剤系浸透シーラーーは使用せずにカチオン系水性フィラーを採用しました。
経過を踏まえ定期点検時には再度細かくチェックしていきたいと思います。