千葉県柏市逆井 W様邸 防錆型ファインSi 付帯塗装

付帯塗装

DSC_2179-e1476687614223
古い塗膜を剥離します。

破風板のつなぎ目にあるコーキング材に劣化が見られました。
このままですと雨などの水分が内部に入り込み、内側からの腐食の原因になりますので、除去します。
DSC_2180-e1476687896985
劣化した部分のコーキング材を、カッターを用いて撤去します。
DSC_2182-e1476687924972
ケレン作業
専用のタワシにて細かな汚れや落としきれなかった旧劣化塗膜などをこすり落としていきます。
DSC_2183-e1476687958540
こすっても落ちない塗膜は削り取ります。
DSC_2256-e1476687990959
ここまで処理しても落ち切れない塗膜は、テープ剥離をします。
DSC_2258-e1476688020260

DSC_2259-e1476688076194
隙間にプライマーという、接着剤の役目をする塗料を塗布します。
DSC_2272-e1476688103526
新しいコーキング材を打ち込んでいきます。
この時、空気やホコリ等が入ってしまわぬよう、十分に注意をしながら奥までしっかり打ち込んでいきます。
DSC_2273-e1476688171239
ヘラで均します。
DSC_2274-e1476688198800
コーキング材が完全に乾く前にマスキングテープを剥がしたら、コーキング打ち替えは完成です。
DSC_2289-e1476688228162
釘頭の部分もコーキング材で埋めていきます。
DSC_2291-e1476687653529
下塗り
1~3回塗り。
DSC_2292-e1476687679612
上塗り
防錆型ファインSiで2回塗りをして仕上げます。
DSC_2336-e1476687703541

DSC_2317-e1476688288861
ケレン作業
専用のタワシにて細かな汚れや落としきれなかった旧劣化塗膜などをこすり落としていきます。
この作業を行う事で塗膜との密着性を高め、より塗膜を長持ちさせる事が出来ます。
DSC_2318-e1476688315834
中塗り
防錆型ファインSi
を塗布します。
DSC_2319-e1476688348491
上塗り
DSC_2276-e1476687734612
軒天は下塗り後、ケンエースⅡの2回塗りです。

DSC_2333-e1476687760233
DSC_2355-e1476687795790

DSC_2344-e1476687825558

DSC_2338