千葉県柏市 C様邸 ファインシリコンフレッシュ 外壁・付帯塗装

築年数
11年
坪数
38坪
外壁
ファインシリコンフレッシュ   10年      色=ND-111
付帯
ファインシリコンフレッシュ    5年     色=ND-155

外観

before1
DSC06258_bf-e1476671094197

vertical1
after1
DSC04489_af-e1476671119439

流山市I様邸の外壁塗装見出し

before1
DSCF6159_bf

horizontal1
after1
DSC03969_af-e1476671187558

DSCF6130-e1476671252421
長年のこびりついた埃やコケなどの汚れを高圧洗浄によって除去していきます。



DSC03536-e1476671290739
数年前に雨漏りが発生してしまったので、
業者に頼んで雨漏り工事を施したそうです。
それにより雨漏りは止まったのですが、コーキングの処理が少々雑で外壁のつなぎ目の部分がデコボコになってしまっています。

今回外壁を塗装する際に再度コーキング打ち直し美観性も整えたいとご希望がございました。
DSCF6153-e1476671326490
また以前のコーキング材は塗料乗りの悪いシリコン系のコーキング材が使用されていました。

まずは既存のコーキング材を撤去し、素材とコーキング材の密着力を高める為に専用のプライマーを専用のハケを使用したっぷりと奥まで塗布します。
DSCF6154-e1476671372607
今回は塗料がしっかりと乗る変性シリコンを打ち直します。
コーキング材を奥までしっかりと打ち込み、、丁寧に均していきます。
空気が入るとそこから剥がれたり膨れたりしてしまいますので、打ち込む際は空気が入らないように奥までしっかり打ち込み、キレイに均します。

DSCF6156-e1476671402266
しっかり均し、コーキング材が完全に乾く前にマスキングテープを取ったら、コーキング打ち替えの完成です。
DSCF6160-e1476671467793
下塗り(パーフェクトフィラー)

下塗りには日本ペイントのパーフェクトフェイラーを使用しました。
ひび割れ追従能力にすぐれ、中性化防止に役立ちます。
また、ホルムアルデヒドF☆☆☆☆で環境にも優しい塗料です。
DSCF6178-e1476671490417
上塗り1回目(ファインシリコンフレッシュ)

今回上塗りに使用したファインシリコンフレッシュは、防汚染性にとても優れた塗料です。
また光沢低下や変色が極めて少なく、高耐候性を発揮してくれます。
DSC03961-e1476671515848
上塗り2回目(ファインシリコンフレッシュ)

下塗りと同じ、ホルムアルデヒドF☆☆☆☆ですので、環境にも優しい塗料です。
1回目同様ムラなく丁寧に仕上げ、外壁塗装の完成です
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行っていきます。

コーキングを打ち替えた箇所も綺麗に仕上がりました。
DSC039621-e1476671573862

futai_1

before1
DSCF6148-e1476671669785

horizontal1
after1
DSC03981-e1476671699305

下塗りに素地強化の為の浸透性シーラーを塗布し、日本ペイントのファインシリコンフレッシュの上塗り2回で仕上げました。

お色は日本ペイント標準色よりND-155です!
DSCF6148-e1476671669785
幕板のつなぎ目に隙間があいている箇所が見られましたので、補修を行います。
まず、隙間をあえてV字に広げ充分な幅と深さを作ります。
この一手間で素材とコーキングの密着力が高まり、お住まいの長持ちに繋がります。
DSCF6151-e1476671764770
コーキング剤と素材の相性を考慮した専用プライマーをたっぷり奥まで塗り込みます。
DSCF6152-e1476671791241
プライマーの乾燥時間を厳守した上で、コーキング材を奥までしっかり、空気が入らないように打ち込みます。
その後、キレイに均してからコーキングが完全に固まる前にマスキングテープを外し、コーキング打ち替えに完了です。

DSCF6157-e1476671816749
釘頭の部分には、パテを擦り込むように乗せ、下処理は完成です。
before1
DSCF6138_bf-e1476672151286

horizontal1
after1
DSCF6182_af1-e1476672188329

DSCF6139-e1476672232811
こびりついた汚れや剥離している塗膜を、ペーパーヤスリや専用工具で落としていく、ケレンという作業を行います。
ケレンを疎かにすると、汚れや浮いてしまっている塗膜でデコボコ状態の素材の上に塗料を塗るわけですから、当然剥がれの原因になったりします。
そうでなくても、汚れの上から塗装するのは気持ちが悪いですよね。
DSCF6140-e1476672260128
下塗り(浸透性強化シーラー)

シーラーの塗布量は吸い込みが収まりぬれ感が出るまでです。
劣化した素材が硬く固まるため、上塗り剤が強固に密着し、長期的に剥離を防ぎます。
DSCF6149-e1476672333678
破風板のつなぎ目の隙間をあえて少しV字に広げます。
こうする事でコーキング材の密着する面が広がり、しっかりと保護してくれます。
コーキング剤と素材の相性を考慮した専用のプライマーをたっぷり奥まで塗り込みます。
DSCF6150-e1476672360471
プライマーの乾燥時間を厳守した上で、コーキング材を奥まで打ち込みます。
プライマーが完全に乾燥していないと、密着力不足でコーキングが剥がれてきたりして劣化速度が速まってしまいます。
乾燥時間が長すぎると表面にゴミや油分塩分などが付着し、接着不良を起こしていまいますので、乾燥しすぎるのも厳禁です。
気温や湿度によってもタイミングが変わってきますので、よく見極めて打ち込みます。

DSCF6150-e1476672360471
上塗り(ファインシリコンフレッシュ)

防汚染性に優れた日本ペイントのファインシリコンフレッシュを塗布していきます。
F☆☆☆☆ですので、環境にも優しい塗料です。
合計2回をムラなく仕上げ、破風板塗装は完成です。
futai_2

DSC03964-e1476672581212

DSC03965-e1476672605289

DSC039901-e1476672641142

zairyou

DSCF6176-e1476672508284

voice1

e80d44e7a10a9cbdbb6d9734cb3bdb311

飛び込み営業が訪問したのをきっかけに塗装工事を検討され始めたようですが、どうも金額が高い気がしてインターネットにて適正価格で丁寧に塗装工事を行う施工店を探しておられました。


ご提案時に水性塗料に比べると少し臭気がありますとお伝えしましたが、外壁には日本ペイントの弱溶剤塗料、ファインシリコンフレッシュを採用して頂きまし た。ワンちゃんがいるので施工中の臭気が気がかりではありましたが施工後に大丈夫でしたと仰って頂けたので安心しました。

完工間際に私の確認不足で施工スタッフに指示を出せていなかった箇所がありご主人さまには大変ご迷惑おかけしました。写真撮影にも気持ち良くご対応して頂き感謝申し上げます。

千葉県柏市C様、定期点検にお伺い出来るのを楽しみにしております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。