千葉県船橋市三崎T様邸 サイディング外壁をダイヤモンドコート施工

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
CIMG39331

vertical1
after1
CIMG5490
船橋市T様邸はセキスイのセラミックサイディングと同様の種類化と思われます。亜鉛メッキ鋼板の上にセラミック、若しくはアルミ製のボードを重ねているものです。その上に石材調の塗料がのっています。既に販売が終了されている商品となっておりますので、塗料の選定には注意が必要でした。
北面は特にコケの繁殖が多く、黒っぽくなっておりました。 黒いコケ等を見ると、ほとんどが塗膜の剥がれている箇所に食い付いているのが分かりました。 サイディングの穴やサッシ周りの隙間はコーキング処理を施し、窓周りのシールは増し打ちで対応しました。
before1
CIMG3860

horizontal1
after1
CIMG5486
築年数
15年
坪数
35坪
施工範囲
【外壁塗装】
外壁補修工事(コーキング撤去・打ち替え・増し打ち工事
【付帯塗装】
軒天、破風板、雨樋、水切り(壁押さえ)、窓木枠、出窓・霧除け天板、その他配管等小物塗装
エアコンホース蛇腹取換え
【屋根補修】
屋根ビス補修・棟ジョイント部コーキング処理・一部塗膜剥がれ補修
外壁塗装 ダイヤモンドコート メーカー保証7年 自社保証12年 色=ND-110
付帯塗装 ファインシリコンフレッシュ メーカー保証3年 自社保証5年 23-255(こげ茶)
DSC_03502

DSC_03511

DSC_0354

施行時に取付けを失敗したものか、ビスが抜けてきたものかは不明ですが、
サッシ周りに大きな隙間ができています。
ビス留めをし、周りにコーキングを打ち込んでから塗装をいたします。
DSC_03461
下塗り
ファインパーフェクトシーラー
下地に対して高い浸透性と含浸補強性を持つとともに、高い付着力が発現します。
DSC_03572
中塗り(1回目)
ダイヤモンドコートBS水性
ダイヤモンドコートは4回塗り仕上げです。
4回目にUVカットクリヤーコーティングを施すことで塗りたての美しい色艶を15年にわたり維持することが出来ます。
DSC_03591
中塗り(2回目)
ダイヤモンドコートBS水性
ダイヤモンドコートBS水性を再度重ね塗りをします。
DSC_03641
上塗り
ダイヤモンドコートGLクリヤー
最後にダイヤモンドコートの特徴の一つであるUVカットクリヤーコーティングを既定量塗布し、紫外線からの劣化を防ぐ強い塗膜を形成します。塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

屋根補修

before1
CIMG3966

horizontal1
after1
DSC_0427

DSC_03781

DSC_0379

DSC_0396

棟板金のジョイント部のコーキングが劣化し、剥落している箇所がありますので、コーキングの打替えを行います。
既存の劣化したコーキングを剥離して、新しいものを打ち込んでいきます。
またジョイント部に隙間があるところもありました。ここは新築時の工事でコーキングを打ち込んでいないかったところと思われます。

付帯塗装

DSC_03261
塗膜が剥がれてきております。
スチール製は塗膜に保護されていないとサビが発生してしまいますので、塗装メンテナンスが必要となります。
塗膜除去のためケレン作業を行います。
DSC_0327
下塗りに錆止め材を塗布します。
DSC_03691
ファインシリコンフレッシュを2回、重ね塗りを行います。
DSC_0436
縦樋
DSC_0426
横樋
DSC_0424
破風板
before1
CIMG3850
壁押さえ
horizontal1
after1
DSC_04301

before1
DSC_03391
軒天
horizontal1
after1
DSC_04211

使用材料

DSC_0360