千葉県柏市酒井根 M様邸 ダイヤモンドコート 外壁塗装

外壁 ダイヤモンドコート 12年  色=ND-155  ND-152
付帯 ファインシリコンフレッシュ 5年   色=こげ茶(255)
目地シール 破断5年 色=ホワイト
before1
CIMG5259-e1475800145383

vertical1
after1
8d0b342815ddca0af1009aae2d56c6371
流山市I様邸の外壁塗装見出し

before1
CIMG5254

horizontal1
after1
DSC02073

高圧洗浄

DSC_07892
まずは高圧の洗浄で、経年でついてしまった汚れを落としていきます。 汚れなどがついてしまったデコボコの外壁の上に塗装をしてしまうと、早い段階での剥がれの原因になってしまいます。 塗装工事は、まず初めに必ず高圧洗浄を行ってから施工に入ります。

コーキング

DSC_0884
雨水などが釘周りから入りサイディングが吸水してしまい、ボロボロになっていたのでパテ補修を行います。
ここもクラック同様に、このひと手間で建物の寿命が変わってくる、細かいけれど大切な作業です。
DSC_08851
素材に浸透して強化してくれるプライマーをたっぷりと塗布します。
吸い込みが止まるまでたっぷり塗布することが重要です。
DSC_08821
 パテをしっかり充填します。
DSC_08831
均して完成です。
DSC_08681
外壁にクラックが多数発生しています。
サッシ周り、端部、釘周りは地震等の圧力により、クラック(割れ)が出やすい箇所です。
これらのクラック補修をした後に塗装していきます。

へアークラック(0.3ミリ以内)に対しては弾性パテによる補修を行います。
クラック(0.3ミリ以上)に対しては、Vカット工法が必要です。
ヒビ部分を専用工具にてVの字に幅、深さ共に5ミリ以上に広げ、そこに補修用の弾性パテを充填していきます。※Vカット工法を行った場合塗装後の補修跡が少し残る事になります。その為クリア塗装を実施される場合にはお勧め出来ません。

DSC_08691
クラックが発生している箇所を専用の工具を使い、あえてV字にカットして広げます。
Vカットをする事で充填するパテの幅と深さを確保することが出来ます。
奥までしっかりと充填することでクラック(ひび割れ)の再発を防ぎ、お住いの長持ちに繋がります。
DSC_08701
サイディングボードとパテの密着力を高める為に、専用のプライマーをたっぷりと塗布します。
DSC_08781
パテをクラックの奥までしっかり充填していきます。
CIMG2905
現状のままですと雨水などが外壁内に入り込んでしまいます。

既存のシーリング材を撤去し、新しい物へ交換を行います。
CIMG2908
剥がし残しなどがあると、新たなシーリング材が密着しませんので、丁寧に行っていきます。
サイディングボードのつなぎ目、全ての箇所を行っていきます。
CIMG2911
シーリング材が外壁に付着しないよう、隙間の両端にマスキングテープを丁寧に貼り、取り除いた隙間に専用のプライマーをたっぷり塗布していきます。

この後しっかりと乾燥させます。
天候や気温などによって乾燥時間は異なります。
CIMG2915
充分な乾燥を行ったあと、シーリング材を充填していきます。
少しでも空気が入ってしまったり、汚れや油分が入ったりしてしまうと、早期破断の原因になってしまいますので、熟練の職人でも気の抜けない作業です。

しっかりと奥まで充填していきます。
CIMG2917-e1469167503948
充填を行ったシーリング材を均一になる様に均していきます。
この時も空気や汚れなどが入ってしまわない様、慎重に行います。
CIMG2920
完全に乾いてしまう前にマスキングテープを剥がして完成です。

塗装

before1
CIMG5247

horizontal1
after1
DSC_1075

DSC_0930-e1475802308441
下塗り
 ファインパーフェクトシーラー

今回は難付着性サイディングボードの可能性があったため、ファインパーフェクトシーラーを採用しました。

特徴 
無機や光触媒の表面処理が施された高意匠サイディングボード(難付着性サイディングボード)などへの施工が可能です。
 無機、有機ハイブリッド技術の特殊エポキシ樹脂により、下地に対して高い浸透性と含浸補強性を持つとともに、高い付着力が発現します。
ぬれ感が出るまでたっぷりと塗布していきます。

DSC_0973-e1475802377236
中塗り1回目

ダイヤモンドコートBS水性


中塗り1回目です。
塗布量を厳守し、ムラの無いよう丁寧に塗布します。
ダイヤモンドコートは4回塗り仕上げです。
4回目にUVカットクリヤーコーティングを施すことで塗りたての美しい色艶を10年にわたり維持することが出来ます。
DSC_09841-e1475802423877
中塗り2回目

ダイヤモンドコートBS水性


ダイヤモンドコートBS水性
塗りムラが無いよう、しっかりと膜厚を均一に付けながら塗布します。

DSC_0989-e1475802474841
上塗り 

ダイヤモンドコートGL水性プレーン

最後にダイヤモンドコートの特長の一つであるUVカットクリヤーコーティングをたっぷり塗布し、紫外線から塗膜を守り、長持ちさせます。
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。
DSC_1074-e1475802533497

before1
CIMG5269-e1475802697517

horizontal1
after1
DSC_1057-2-e1475802817101

DSC_09371-e1475803105830
下塗り

パーフェクトサーフ


パーフェクトサーフは窯業系サイディングボードの塗り替えに最適な下塗材です。
きめが細かいので上塗りの吸い込みが少なく、美しい仕上が期待できます。
また、ホルムアルデヒドF☆☆☆☆で環境にも優しい塗料です。
DSC_09711-e1475803140909
中塗り1回目

ダイヤモンドコートBS水性


中塗り1回目です。
上記のサイディングボード部分と同様、
塗布量を厳守し、ムラの無いよう丁寧に塗布します。
DSC_0982-e1475803171445
中塗り2回目

ダイヤモンドコートBS水性
DSC_09861-e1475803204485
上塗り 

ダイヤモンドコートGL水性プレーン
zairyou

DSC_0928-e1475803279108

DSC_1047-e1475803331978