千葉県野田市K様邸 直貼りによる凍害補修と外壁・屋根塗装

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
c9ded29b6ff929fc6dfbaea3b1587bed

vertical1
after1
dcad28e963c7b37b81cebb9e81225fc1
野田市K様は、築年数が15年を迎え、家が傷んできているのはわかっていたが、忙しくもありどうすれば良いか全くわかりませんでした。インターネットのLIFULL HOME'Sを通して信頼が出来て現状にあったしっかりとした施工をしてくれる業者を探し、その中から弊社をご選択いただきました。
外壁は直貼り、玄関付近は難付着ボードで凍害の症状がございまたので、徹底した補修を行い透過性の高い施工をいたしました。

築年数
18年
坪数
35坪
施工範囲
【外壁塗装】
目地部=打替え
窓周りシール表層劣化部=増し打ち
サイディング下地処理
【付帯塗装】
軒天、破風板、雨樋、水切り、霧除け、エアコンホース及びその他配管等小物塗装工事
幕板板金巻き工事
玄関上庇軒交換
【屋根塗装】
下地調整
タスペーサー02挿入(シングル工法)
外壁塗装 パーフェクトトップ 自社保証8年 色=ND-503 ND-342
付帯塗装 ファインパーフェクトトップ 自社保証5年(木部除く) 色=23-255(こげ茶)
目地シール サンライズ NB-50 破断5年 色=アイボリー
屋根塗装 ファインパーフェクトベスト 自社保証8年 色=トリノブラウン
before1
59a09459b684d3155b28e5f59a0f208a

horizontal1
after1
1deddf9f3ac921418a1e6b4b763cc4d1

b4c54353e37840827ac4c2a10795419a

af8152fbcb1b149f1e0658800d0a8360

17e3777c71b7646259d1a2917b3c2b9a

外壁コーナー凍害箇所は塗装が出来ないほど劣化しておりましたので、コーナーの部材を交換して塗装いたしました。
b39cd1a46feb7065c6f6b0d31cbc9179
劣化した目地部コーキングの打替えを行っていきます。

b09806b3b1a5452cb917cd2f8ae42a7b
専用の器具を用いて劣化部分のコーキングを撤去したら、バックアップ材を装填します。
d3929268a631f27cff3c5b5951851921
刷毛を使用して専用のプライマーを塗布します。
プライマーが完全に乾燥していないと密着力不足でコーキングが剥がれてきたりして劣化速度が速まります。
659b94242099848aae131eb65ac7cc9f
コーキング材を打ち込んでいきます。
218c9486e7a001f8f2853f4a22b4633b
内部に空洞ができないように押し込むようにヘラで平らに均します。
f17cfba723f19edff024569f0b9769eb
完全に乾く前にマスキングテープをはがして完成です。
7c8cbd0846843d564efab1b7c7258c2a
下塗り
ファインパーフェクトシーラー
下地に対して高い浸透性と含浸補強性を持つとともに、高い付着力が発現します。
5c3c5aa8d0a694dd72fa7af630d1423f
上塗り(1回目)
パーフェクトトップ
日本ペイントの新技術である「ラジカル制御技術」を用いた塗料です。
ラジカルが塗膜に触れるのを抑える事で紫外線による外壁の塗膜劣化を防ぎ、塗膜の寿命を延ばす事が出来ます。
2ae39b547860b13985ca6685b80d29b1
上塗り(2回目)
パーフェクトトップ
再度パーフェクトトップを塗布していきます。
有機溶剤の含有が少ない水溶性の塗料ですので、環境に優しい塗料です。
ムラの無い様に仕上げ、外壁塗装は完成です。

屋根塗装ビフォーアフター

before1
85b82e674609c2aaaae6b237d8894507

vertical1
after1
76e9aae8793dc32cfe921d3a0755d879
屋根は全体にコケが多量に発生しておりましたが、屋根材はアスベスト含有スレートのため割れは多くはありませんでした。
高圧洗浄後には素地が露出すると判断し最初から下塗りを2回塗り、上塗りはファインパーフェクトベストをご提案、採用いただきました。
施工してみると吸い込みが激しく、下塗り3回塗り、上塗り2回塗りとなりました。

b38746180bd5664a2c948d52d02f677e

32914abcf486ef659726bb53d2bc3d9f

棟板金部の釘は打ち込み直し、釘頭にはコーキングを盛り付けておきます。
fb7c09c56590759c888ec09fa5a9b56a

30530d50d626a9ef9cea10a9f334f332

b938c9a425d6331c05702afdac727537

屋根材の割れを補修します。
9919a38dc8781afd928cc102cb6a6d3f
屋根の下塗りにはファイン浸透造膜シーラーを採用しました。

ファイン浸透造膜シーラーは、高い浸透性と含浸補強性を持ち、同時に下地表面に塗膜を成型します
49c319528c9f74a200dc861d44f5b87a
当初は2回塗りの予定でしたが吸い込みが激しく、3回塗りとなりました。
ようやく濡れ感が出てきましたので、この上に塗装をして仕上げていきます。

付帯塗装

before1
aede58ab337e88857b45161932313674

horizontal1
after1
2e68ff3025ad0106854895e5aac93700

幕板は水が回り劣化が激しく、塗装困難な状態だったため、板金巻き工事を行いました。
before1
76014997b2e4eeb40c7222fdcb9ecec9

horizontal1
after1
63d92301c374cfa01b5cdb0caa028886

c134806d6076b7dbf87bf5ab1f10ad16
軒天
daef686b7ac3c7f4cdda4272f84d6853
縦樋
cd9f24a2318c1a02385ac2d0a2db2a85
水切り

使用材料

b5e008355cd68349a9c1712490baa3c93

ca8e32914bd7c1ab9d6147aee2e292af2