つくば市 ディプロマットでカバー工法 2年目点検

茨城県 つくば市 S様邸 2年目点検

t20164ts01
茨城県つくば市のS様邸に、施工後2年目点検にお伺いしました。

つくば市のS様は屋根の「層間剥離」を気にしており、ご近所で弊社の塗装工事実施されていたI様のお知り合いという事で依頼を受けるに至りました。

t20164ts02
外壁塗装前

t20164ts03
塗装後2年目

S様邸の外壁はALCパネルが採用されており、パネル間は全てコーキングが打ってありその上に塗装がされています。

外壁塗装前は、そのコーキングの上の塗装に割れが見られました。
再度外壁塗装をすることにより、施工後から2年後もコーキングはしっかり塗膜で守られていました。

t20164ts04
サッシ周り

t20164ts05
日当たりの悪い面

サッシ周りのコーキングも非常に良い状態を維持していました。
日当たりの悪い面も汚れやカビの繁殖はなく、きれいな状態を保っていました。

t20164ts06
施工前の屋根

t20164ts07
2年経過後の屋根
「ニチハ」の「パミール」で施工されてる屋根は層間剥離が起きており、ボロボロの状態でした。このまま塗装をしてもすぐに塗膜が剥がれてしまうため、ディプロマットのカフェでカバー工法を施工しました。

ディプロマットはメーカー30年保証の金属屋根で、2年経過しても汚れやサビは発生しておらず非常に良い状態でした。

t20164ts08
雨樋
エアコンホース
t20164ts09
軒天

下から見上げた軒天はしっかり塗膜が密着しており、塗料の機能をしっかりと発揮しておりました。

そこから伸びる竪樋も、3年が経過しましたが色褪せや塗膜の剥がれなどはなく、施工当時の艶もそのまま保持しておりました。また、水漏れなどもなく、とてもいい状態を保持しておりました。


シャインスタッフより

全体的に不具合はどこも見つからず、とてもいい状態を保持しておりました。
特にカバー工法で施工したディプロマットの屋根は、施工当時と変わらないぐらい非常に良い状態でした。

今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

茨城県つくば市のS様、次回の定期点検でお会い出来る事を楽しみにしております!