1液型とか2液型ってどういう意味?


塗料のことについて調べていると、本当に様々な塗料の種類がありますよね。

その中で、1液型や2液型という表示を見かけることはありませんか?

この1液型や2液型というのはどういう意味なのでしょうか?
まず塗料は水性と油性に分かれるのですが、さらに1液型と2液型にわかれています。

簡単に説明すると、 1液型は塗料液である主剤だけの塗料のことです。

そして2液型は 塗料液である主剤と、硬化剤である樹脂の二つが混ざった塗料のことです。
主剤と硬化剤を混ぜた2液型は乾きが早いので、塗装する現場で作ります。

次の日に持ち込むということができないので、その日に使う分だけを作り使ってしまいます。

2液型は混合比率に決まりがあり、比率がずれていると耐久性に影響が出るので、混ぜる作業は重要な作業になります。

保存が難しいですが、うまく混ぜられていると、1液型よりも耐久性が高くなると言われています。
その分2液型の方が費用も高くなるので、すべて2液型にするのではなく、場所によって変えたいですね。

雨に打たれるおとの多い屋根は2液型で、外壁は1液型などにすると良いかもしれませんね。


いかがでしたか? ぜひ参考にしてくださいね。


--------------------------------------------------------------

千葉県松戸市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------