大事なマイホームの一生を左右する外壁塗装業者を選ぶポイント

定期点検4年目葛飾区S様

 

家族の暮らしを守ってくれる大切なマイホーム。そんなマイホームのケアは、信頼のおける業者に頼みたいですよね。

外壁塗装を行う場合、塗装をおこなうタイミングと業者選びがとても重要です。適切なタイミングで、クオリティの高い施工をしてもらうことで、住み続ける上での満足度が大きく違ってきます。

今回は、タイミングの見極め方と業者の選び方をご紹介します。

 

 

コラムのポイント
・外壁塗装を行うタイミングは、現在使っている塗料によって異なってきます。外壁の状態や塗装時期を見極めて、業者に依頼しましょう。
・塗装業者を選ぶ時は、豊富な知識を持っているか、技術力は高いか、外壁状況の診断力は高いか、保証は充実しているか、職人のマナーがきちんとしているか、などに注意して選びましょう。
・技術力が高く、信頼関係を築くことができる業者であれば、安心して大切な家の外壁塗装を任せることができます。

 

 

 

 

 

外壁塗装をおこなうタイミングの見極め方

 

定期点検4年目市川市O様

そろそろ…と思いつつも、大きな変化や劣化がなければ一歩踏み出せない外壁塗装。知識があまりないので、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

外壁塗装や外壁リフォームは築10年が目安です。その理由は、外壁の塗料の耐用年数にあります。窯業系サイディングボードが日本の住宅では多く使われています。窯業系サイディングボードは主成分がセメントなので、元々耐水性はほとんどありません。そのため、あらかじめ耐水性のある塗装をおこない、防水機能を持たせています。

 

 

塗装の耐用年数


 

塗装にはいくつか種類があります。色や質感はもちろんのこと、性質やグレード、耐用年数が違います。

 

・アクリル樹脂系塗料…約5~8年

・ウレタン樹脂系塗料…約8~10年

・シリコン樹脂系塗料…約10~12年

・ラジカル制御系塗料…約12~15年

・フッ素樹脂系塗料…約15~20年

 

使用状況や塗料の内容によっても変わりますが、一般的にはこのような耐用年数が目安です。

そのため、住まいの外壁に使っている塗料が何なのか、前回いつ施工したのか、によって外壁塗装の時期は判断することができます。使っている塗料が何かわからない場合は、前回のリフォーム時や建築時の見積書などで確認することができます。

 

 

価格の安さか長期の安心か


 

これから外壁塗装をおこなう場合、どのような塗料を選ぶかによって次の外壁塗装のタイミングが変わってきます。塗料の耐久年数が短いものは価格を安く抑えることができますし、価格が高くなったとしても、長く家を守り続けてくれる塗料を選ぶこともできます。

価格を安く抑えた場合、現時点での出費は抑えることができます。しかし塗料の耐久年数が短いため、またすぐに塗装をしなければならなくなるかもしれません。結果、何度も外壁を塗り替えることでトータルの出費が膨らんでしまう…ということもあります。

 

一度の出費だけでなく、ランニングコストやトータルの出費を鑑みて外壁塗装はおこないましょう。

 

 

塗装時期の見極め


 

基本的に外壁塗装はオールシーズンおこなうことができます。

 

☑ 気温15~30℃、湿度75%以下

 

塗料の硬化や乾燥に最適な時期はこのように言われることが多いですが、気候条件よって工事内容が振り回されたり、塗料の耐久性が大きく変わったり、ということはほとんどありません。

 

ただ、地域ごとの気候の特徴(寒冷地、積雪地域、台風が接近しやすい、など)によってはオールシーズン対応できない場合もあります。積雪地域で真冬の塗装は塗料が乾きにくいことに加え、雪による足場の危険が増したり、そもそも足場が組めなかったりします。台風によって塗料が流れてしまうこともあります。

梅雨の時期も、全く外壁塗装ができないというわけではありません。時期的に気温が高く、塗料が乾燥しやすい季節なので作業自体は進めやすくなっています。ただ、塗料が流れたり乾きにくかったりすることで、状況によっては工期の遅れや完成時期の遅れが生じてしまうこともあります。

 

可能であれば、悪天候のリスクが低く、工事を進めやすい時期を選ぶようにしましょう。

そして外壁塗装を進めやすい時期は、依頼が集中しやすい時期でもあります。いいタイミングで工事ができるよう、段取り良く計画は進めておきましょう。

 

 

 

 

 

 

塗装業者を選ぶポイントは?

2019年事業計画説明会

 

数多く存在する塗装業者の中から、安心して家を任せることができる業者を選ぶのは至難の技かもしれません。しかし選ぶポイントを押さえておくと、ぴったりの塗装業者を見つけることができます。

 

 

ポイント① 豊富な知識を持った職人が多い

 

経験が高いのはもちろんですが、塗料についての知識を豊富に持つ職人が働いている塗装業者を選びましょう。若い人でも知識が豊富、ということも多々あります。

外壁診断をしてもらう時など、しっかりとコミュニケーションをとる中で確認することができます。

 

 

ポイント② 高い技術力を持った職人が多い

 

長年現場で塗装をおこなっている、というだけでなく、社内研修や使用塗料の実験など技術力を常に磨く姿勢のある業者を選びましょう。

一級塗装技能士と資格をまだ取っていない若い職人、という違いはありますが、安心して任せられることが大切です。

 

 

ポイント③ 外壁状況の診断力が高い

 

塗装のできる外壁なのか、塗料の状態はどうなっているか、などは素人目に見てわかるものではありません。確かな目で、正しい判断をしてくれる現地調査での診断力の高い業者を選ぶようにしましょう。

 

 

ポイント④ アフターフォローが充実している

 

外壁塗装後、数年で剥がれてきたのにアフターケアが全くなかった、保証がなかった、という状況は避けたいものです。大きな金額が動くものなので、何度も塗装をするのも現実的に難しいものです。

外壁塗装後、アフターケアをしっかりしてくれるだけでなく、10年以上の補償がついているような業者を選ぶようにしましょう。

 

 

ポイント⑤ 職人マナーが徹底している

 

工事の仕上がりや品質ももちろんですが、職人マナーがしっかりしていることも重要です。深く信頼関係を築くことができて、技術面でもマナー面でも頼ることができる職人ばかりだと、安心して家を任せることができます。

きちんと挨拶をすることができるか、工事中の清掃を常日頃から行うことができているか、喫煙マナーが身に付いているか、など確認しておきましょう。

 

 

ポイント⑥ ご近所さんへの配慮ができる

 

塗装工事が始まると、どうしても大きな音を立てたり業者のトラックや職人が出入りしたりすることで、日常がせわしなくなってしまいます。お互い様、ではありますが、やはり配慮はしたいものです。

工事は一時のものですが、ご近所さんとの関係はずっと続いていきます。ご近所さんへの挨拶はもちろんのこと、誤って風で塗料が飛散しても被害が出ないように、ビニールでガードしたり、物を移動させたりなどの配慮をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

外壁塗装は安心して任せられる業者に

 

2019年事業計画説明会

外壁塗装業者、といっても経験値や知識、信頼できるかどうかは様々です。

大事な家を任せる以上、納得できる仕上がりにしてくれる業者を選びたいですよね。

 

シャインにはスキルの高いベテランの職人だけでなく、若くても知識豊富な職人、建築関係でのバックグラウンドが広く経験豊富な職人など、多くの職人が在籍しています。外壁塗装を検討していらっしゃる方は、無料の外壁診断もございます。

ぜひご相談、お問い合わせください。

 

 

2019新年のご挨拶