【保存版】初心者でもわかる外壁塗装の基礎知識

牛久市T様邸 屋根補修

 

 

外壁リフォームはしたほうがいい、塗料によって長持ちするかどうかが変わってくる、とはいうものの、イマイチよくわからない…という本音を持つ方が意外と多い外壁リフォーム。外壁リフォームの必要性は、基礎知識さえあれば理解することができます。

外壁塗装の基礎知識を身につけて、満足のいく外壁リフォームをおこないましょう。

 

 

コラムのポイント
・塗料が劣化したり経年劣化によって外壁がダメージを受けたりするため、外壁塗装は必要に応じて行う必要があります。塗料の耐久年数や劣化のサインを参考に、最適な時期に行いましょう。
・外壁リフォームはただ塗料を塗り替えるだけでなく、縁の下の力持ちのような細かな作業も行います。
・基礎知識を身につけて、外壁リフォームの計画を立てましょう。

 

 

 

 

 

外壁リフォームの必要性

牛久市T様邸 目地シール打ち替え

 

大きな痛みもないし、変色もしていない、だから外壁リフォームはまだまだ先のこと…と思っている方が意外と多いもの。確かに、ちょっと見ただけではそう思うかもしれません。費用もかかるし、見積もりを取って工事をしたり、ご近所さんに挨拶をしたりと手間もかかります。

しかし、そんな手間をかけてでも、外壁リフォームは必要な時が来るのです。

 

 

 

理由⒈ 塗料には寿命が…


 

塗料には寿命があります。フローリングのワックスも、塗ってしばらく経つとだんだんと落ちてきてツヤがなくなってきますよね。それと同じように、外壁に塗る塗料も半永久的に効果が持続する、というわけではなく、耐用年数というものがあります。

外壁には塗料が塗ってあり、直射日光や雨風から家を守ってくれます。これらの刺激を受ける過程で、綺麗に塗ってあった塗料も日に日に防水性や遮熱性が下がり、家を守ることができなくなっていきます。塗料を塗る外壁自体は防水性が低いものなので、効果のなくなった塗料のままだと直射日光や雨風の影響を直接受けて大きなダメージになってしまいます。そのままほうっておくと、外壁塗装以外の修復費用がかってしまうだけでなく、場合によっては雨漏りやもっと大きな外壁工事などの費用が発生してしまいます。

 

 

 

理由⒉ 早期回復と健康維持


 

塗料の耐用年数が過ぎると、防水性が低下したり強度が下がったり、劣化が早まったりし始めます。そして時間が経つにつれ外壁のヒビや剥がれにつながっていきます。

しっかりと外壁リフォームを行うことで、防水性の向上や下地処理による外壁強化をすることができます。傷みかけていたものも、初期段階で気づきケアをすることで素早く回復することができます。そして、ケアをすることで健康な家の状態を維持することができるのです。

 

 

 

理由⒊ 綺麗なままでいてほしい


 

大切な我が家ですから、ずっと綺麗な状態でいてほしいですよね。外壁リフォームをおこない、塗料を塗り替えることによって家の雰囲気は大きく変わります。女性のお化粧直しのように、最適なファンデーションを選び塗り直す作業を怠らないことが、綺麗を保つ秘訣です。

 

状況に応じて外壁リフォームをおこない、しっかりと手をかけていくことで家を綺麗なままで保ち続けることができるのです。

 

 

 

このように、外壁リフォームをすることにはしっかりとした理由があります。理由を知っておけば、不安にならずに済みますね。

 

 

 

 

 

 

外壁リフォームはいつおこなう?

 

柏市T様邸 屋根塗装

実際に外壁リフォームをする、となるといつの時期がいいのでしょうか。判断するポイントは、塗料の耐久年数と劣化のサインです。

 

 

塗料の耐久年数


 

外壁塗装に使う塗料は、性質やグレード、耐用年数によって様々な種類があります。

 

・アクリル樹脂系塗料…約5~8年

・ウレタン樹脂系塗料…約8~10年

・シリコン樹脂系塗料…約10~12年

・ラジカル制御系塗料…約12~15年

・フッ素樹脂系塗料…約15~20年

 

耐久年数はこのようにいわれており、使っている塗料によって変わってきます。同時期に建てたお隣さんの外壁は綺麗なままなのに、うちの外壁は劣化が見られ始めた…という場合は、使っている塗料が違う可能性が高いです。

 

見積書などで、今使っている塗料は確認することができます。その内容によって、外壁リフォームをおこなうかどうかは判断できます。

 

 

 

劣化のサイン


 

塗料の限界が近づいてくると、いくつかのサインを発します。そのサインを見逃さないようにしましょう。

 

 

 

サイン① チョーキング現象

 

紫外線や直射日光、雨、風などが原因で塗装が劣化することで、塗料の成分がチョークの粉のように表面に付着している状態のことを、チョーキング現象といます。小さい頃、触ると手が白くなる壁はありませんでしたか?それはまさに劣化のサインで、特にわかりやすい現象といえます。

チョーキングが起きている、ということはすでに塗料の耐久力は失われています。なるべく早めに外壁リフォームをする必要があります。

 

 

サイン② 色あせ

 

新築当初に比べて色が変わってきた、こんな色じゃなかった気がする…というのも劣化のサインです。これは外壁の塗膜に特に劣化が見られなかったとしても現れます。塗料や塗膜の劣化が始まっているからです。

 

 

サイン③ ひび割れ

 

外壁のひび割れも劣化のサインです。見てすぐにわかるので、判断がしやすいかもしれません。ひび割れを放置しておくと、隙間から雨水が入って構造材がカビたりサビたり、腐食したりします。それによって、住宅の強度が下がってしまうのです

よく見ると、塗装の表面だけのヒビではなく、壁そのものにヒビが入っている可能性もあるので、不安な時は外壁塗装業者に点検や補修を依頼することも視野に入れておきましょう。

 

 

サイン④ 雨漏り

 

雨漏りも劣化のサインです。外壁自体は防水性が低いので、塗料の効果はすでになく、外壁に雨が浸み込んでしまっている可能性があります。もしくはヒビや破損によって雨が浸み込んでいることも考えられます。

この場合、ほうっておく内装材や構造の劣化や家自体の耐久性の低下を招いてしまうので、早めに補修する必要があります。

 

 

 

 

このように、塗料の耐久年数を知ったり外壁が発するさまざまなサインを読み取ったりすることで、外壁リフォームの時期は判断することができます。取り返しのつかないことになる前に、外壁リフォームをしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

実は外壁塗装に欠かせない作業

 

鹿島市S様邸 サイディング目地部

外壁塗装には欠かせない作業がいくつかあります。塗料をただ塗り替えるだけでなく、ちょっと見ただけではわからない作業も行うことで、外壁リフォームによってより家を長持ちさせることができます。

 

 

 

・しっかりとしたコーキングの打ち替え


定期点検6年目松戸市T様

コーキングとは、外壁材同士のつなぎ目にできる隙間を埋めたり、ひび割れや細かな隙間を埋めたりするのに最適な材料です。

 

建物は、日々ほんのわずかに動き揺れています。その衝撃を緩和したり、外壁に力が加わって割れたりするのを防いでくれる働きをしてくれるのがコーキングで、劣化によって取り替える必要があります。古くなったコーキングを全て撤去し、新たにコーキングに変えることを、コーキングの『打ち替え』といいます。古くなったコーキングの上からコーキングをさらに打つ『打ち増し』もありますが、外壁の状況によってはできない場合もあるので、業者に確認しておく必要があります。

 

コーキングが劣化して、切れたり剥がれたりしていると隙間から雨水が浸入する可能性もあります。内装材や建築材が水に濡れると、腐ったり錆びたりしてしまうので、しっかりとしたコーキングの打ち替えは欠かせません。

 

 

・丁寧な釘頭のパテ作業


定期点検6年目松戸市T様

外壁のパネルは、家の基礎部分に釘で留め付けてあります。その留め方は大きく『金具工法』と『釘留め工法』の2種類に分けられ、中でも主流なのが新築時にコストを抑えることができる釘留め工法です。

 

ただ、この工法は家の基礎部分に釘で直接留めるので、建物が揺れた時に外壁パネルに負荷が掛かかってしまいます。そのため、パネルにヒビ割れが発生したり、釘周りに欠損が生じやすくなったりしてしまいます。

これを防ぐために、何百と使用されている釘を弾性パテで一つひとつ埋めていきます。そうすることで、弾性パテが動きを緩衝し釘が揺れても塗膜割れを起こさないのです。手間が掛かり地味な作業ですが、これをするのとしないのとでは数年後の外壁が大きく変わってきます。

 

 

このような作業も外壁塗装に含まれていることを、ぜひ知っておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

いつでも外壁リフォームに踏み出せる準備を

 

牛久市T様邸 幕板補修・塗装

どんなことをするのかわからなかったり、内容が理解できなかったりすると、高いお金をかけて外壁リフォームをしようとはなかなか思えません。

なぜ必要なのか、どんな時にリフォームを検討し始めたらいいのか、などの基礎知識を身につけておけば、いざという時その知識があなたを助けてくれます。

 

もっと詳しく外壁リフォームについて知りたい方は、ぜひシャインにお問い合わせください。見積もりから工事内容、費用、アフターケアまで詳しくご説明させていただきます。

 

2019年事業計画説明会