千葉県浦安市 Y様邸 ファインシリコンフレッシュ 付帯塗装

築年数
13年
坪数
36坪

保証期間

外壁
アートフレッシュ 10年
屋根
サーモアイSi 10年
付帯
ファインシリコンフレッシュ 7年
シーリング保証
7年
before1
浦安市Y様 破風板 施工前
horizontal1
after1
浦安市Y様 破風板 施工前

before1
浦安市Y様 幕板 施工前
horizontal1
after1
浦安市Y様 幕板 施工後

before1
浦安市Y様 シャッター 施工前
horizontal1
after1
浦安市Y様 シャッター 施工後

破風板

劣化塗膜除去(テープ剥離)
劣化塗膜除去(テープ剥離)2
長持ちの秘訣 テープ剥離

古い塗膜をなるべく全て除去するためにもテープ剥離処理を行います。
テープを一気に剥すと塗膜がくっついているのがわかります。
このようにすぐに剥がれてしまう塗膜を剥さずに上から塗装しても、またすぐにダメになってしまう事は明らかです。
釘頭の処理
長持ちの秘訣 素材劣化層の除去

釘頭周辺は水分の侵入によって素材が劣化し、塗膜が浮いてきていることが多くあります。
テープ剥離でも剥がれなかった部分は工具を使用し、劣化層を除去します。
除去後、弾性パテを使用し、均します。
釘頭の処理(パテ処理)
釘頭の処理(パテ処理)2
プライマーを塗布し、パテで隙間の無いように埋めていきます。
コーキング打ち替え
コーキング打ち替え2
まずは劣化した既存のコーキング材を撤去します。
コーキング打ち替え(Vカット工法)
破風板の隙間をあえて少しV字に広げます。
このひと手間でコーキングに必要な厚みが出来るため、早い段階でのコーキングの破断を防ぐ事によって、水分の浸透を防ぎ素材の長持ちに繋がります。
コーキング打ち替え(プライマー)
コーキング打ち替え(プライマー)2
コーキング剤と素材の相性を考慮した専用プライマーをたっぷり奥まで塗りこみます。
コーキング打ち替え(打ち込み)
長持ちの秘訣 コーキング打ち替え

プライマーの乾燥時間を厳守した上でコーキング材を奥まで打ち込みます。
プライマーが完全に乾燥していないと密着力不足でコーキングが剥がれてきたりして、劣化速度が速まってしまいます。
乾燥後長時間放置すると表面にゴミ、油分、塩分が付着し接着不良を起こしやすくなりますので乾燥しすぎも厳禁です。
その日の気温によってもタイミングが変わってきますので、よく見極めてから打ち込みます。
コーキング打ち替え(完了)
綺麗にならしてからコーキングが完全にかたまる前にマスキングテープを外し、コーキング打ち替えの完了です。
部分下塗り(浸透性強化シーラー)
セメント系破風板の素材が劣化している部分には浸透造膜シーラーを1~2回刷り込みます。
劣化した素材が硬く固まるため、上塗り剤が強固に密着し長期的に剥離を防ぎます。
弊社では、劣化した素材に応じて必要であれば計5回塗も普通に行っております。
下塗り(ハイポンファインプライマーⅡ)
下塗り(ハイポンファインプライマーⅡ)2
塗布量を守りムラの無いよう丁寧に塗り込みます。
上塗り1回目(ファインシリコンフレッシュ)
上塗り1回目(ファインシリコンフレッシュ)2

今回上塗りに採用していたいた日本ペイントのファインシリコンフレッシュは、防汚染性に優れた塗料です。
また、光沢低下や変色が極めて少なく、高耐候性を発揮してくれます。
上塗り2回目(ファインシリコンフレッシュ)
F☆☆☆☆ですので環境にも優しい塗料です。
ムラなく丁寧に仕上げ、完成です。

幕板

劣化塗膜除去(テープ剥離)3
劣化塗膜除去(テープ剥離)4
破風板と同様にテープ剥離処理を行い劣化塗膜を除去します。
部分的に下塗り(造膜シーラー)
長持ちの秘訣 劣化箇所は入念に

幕板の劣化が進行している箇所には造膜シーラーをたっぷりと塗布しました。
下塗り(浸透性強化シーラー)
下塗り(浸透性強化シーラー)2
素材に浸透して強化してくれる役目の液体を塗布します。
通常は1~2回、どんどん液体を吸い込んでいくのでその吸い込みがおさまるまで塗ります。
下塗り(ハイポンファインプライマーⅡ)3
塗布量を守りムラの無いよう丁寧に塗り込みます。
上塗り1回目(ファインシリコンフレッシュ)
上塗り1回目(ファインシリコンフレッシュ)2

長持ちの秘訣 センスと心意気

破風板同様、ファインシリコンフレッシュを塗りこんでいきます。
上塗り2回目(ファインシリコンフレッシュ)
上塗り2回目(ファインシリコンフレッシュ)2

上塗りだからと油断せず、1回目と同様にムラの無いよう塗布し、完成です。

シャッター

下処理(研磨パッド)
長持ちの秘訣 下地に防錆プライマー

雨戸は特に凹凸が多いので、隙間に埃や油などが溜まりやすい形状です。
洗浄でも入念に落としましたが、研磨パッドなどを使用し軽めに磨く事によって、塗料の密着力も向上します。
下塗り(防錆プライマー)
よく、WEBで雨戸やシャッターなどに直接上塗りを行っている事例を見かけます。
確かに問題の無いケースも多いのですが、少しでも錆が残っていると、すぐに広がってしまったり剥離する事も有ります。
耐久性という面で考えたら確実に錆止めを入れたいところです。
上塗り1回目(ファンシリコンフレッシュ)
まずは軽めに捨て吹きと言われるような塗装をします。
上塗り2回目(ファンシリコンフレッシュ)
上塗り2回目(ファンシリコンフレッシュ)2

2回目はムラを無くし均一に仕上げ、養生を撤去し完成です。

その他の付帯塗装

その他の付帯塗装
その他の付帯塗装 2