つくば市 雨漏りした屋根をディプロマットで屋根改修工事

茨城県つくば市 M様 外壁塗装・屋根改修工事概要

ビフォーアフター

before1
201811tm011
vertical1
after1
201811tm021
茨城県つくば市のM様より雨漏りのご相談をいただきました。

お調べしたところ、前回の屋根塗装で下塗りをせず上塗り1回の手抜き工事がされており、塗膜の剥がれがひどい状態でした。

また、塗装時に縁切り処理やタスペーサー挿入がされておらず、スレートとスレートの間を塗装で埋めてしまっていました。そのため一旦中に入った雨が抜ける事ができずに、逆流して釘を伝って野路板や天井裏へと侵入し雨漏りが発生していると考えられます。

前回の塗膜がすぐに剥がれていたことを考えると、吸水し屋根材が脆くなっていると予想されますのでカバー工法による屋根改修工事を行うことにしました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 ダイヤモンドコート
色番:ND-155
10年
付帯塗装工事 一液ファインフッ素UV
色番:45-30D
5年
木部除く
屋根改修工事
(カバー工法)
石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター
色番:エバーグリーン
雨漏り10年

外壁補修・塗装

201811tm031
201811tm041
モルタルの外壁にクラック(ひび割れ)が見られました。一部クラックに補修跡がありましたが、既に破断していました。そのまま塗装をしてもすぐに再発してしまうので、補修をします。

201811tm051
201811tm061
外壁に蔦が這っていました。強力に張り付いている蔦はバーナーで燃やします。根が残ったままだと塗装後に芽が出て、塗膜を破り、外壁に再び蔦が這ってしまいます。

before1
201811tm071
horizontal1
after1
201811tm081
高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回は高耐久の「ダイヤモンドコート」で塗装しました。お色はND-155を使用しました。

屋根改修工事

201811tm091
201811tm101
先述しましたが、屋根は前回の屋根塗装で正しく施工されておらず、ボロボロの状態でした。塗装対応が難しいため、カバー工法による屋根改修工事を行うことにしました。

201811tm111
棟板金撤去

201811tm121
防水シート敷き

カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。

201811tm131
屋根材設置

201811tm141
完成

新しい屋根材は、屋根の形に合わせてカットして設置します。今回は石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」で施工しました。お色はエバーグリーンを使用しました。

木部塗装

201811tm151
玄関扉塗装

201811tm161
木格子塗装

木部はしっかりケレン作業をして旧塗膜を除去してから塗装をします。

破風板塗装

before1
201811tm171
horizontal1
after1
201811tm18
破風版も木材が使用されていました。旧塗膜をしっかり除去し、塗装をします。

その他付帯塗装

201811tm19
軒天塗装

201811tm20
軒樋交換

完成

201811tm021
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

茨城県つくば市のM様、今回の外壁塗装及び屋根改修工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回カバー工法で使用した屋根材】