千葉県千葉市 O様邸 ダイヤモンドコート 外壁塗装

築年数
20年
坪数
35坪
外壁
ダイヤモンドコート 10年
屋根
サーモアイ4F 10年
付帯
ファインシリコンフレッシュ 5年

外観

before1
O様邸 外観 施工前
horizontal1
after1
O様邸 外観 施工後

外壁

before1
O様邸 外壁 施工前

horizontal1
after1
O様邸 外壁 施工後

外壁塗装 施工工程

クラック補修(Vカット)
長持ちの秘訣 Vカット工法

Vカットをする事でコーキング材の接着面積が広くなり追従性が高まるのでヒビの再発を防ぎ、お住まいの長持ちに繋がります。
クラック補修(プライマー)
素材とコーキング材の密着力を高めるために専用のプライマーをたっぷり塗布します。
クラック補修(打ち込み)
クラック補修(打ち込み)2
コーキング剤を打ち込みならします。

【ノンブリード型(非汚染型)使用】
ノンブリードと言われる非汚染タイプを使用 しないと、数年後に補修部分だけ黒ずんで しまいます。
モルタル壁のご近所を見て頂くとすぐ発見出来るほど業者の知識の甘さが目立つ部分です。
劣化箇所の補修
フラワーBOXを撤去した外壁に旧塗膜が剥がれている箇所がありましたので補修していきます。
まずは弱っている塗膜を専用の道具で丁寧に除去します。
劣化箇所の補修(浸透性強化シーラー)
劣化箇所の補修(浸透性強化シーラー)2
素材に浸透して強化してくれるシーラーという塗料をたっぷり塗りこみます。
劣化箇所の補修(コーキング処理)
劣化箇所の補修(コーキング処理)2
フラワーBOXのビス留め跡にもコーキング材を奥まで打ち込み均します。
下塗り(パーフェクトフィラー)
下塗り(パーフェクトフィラー)2
下塗り材にはパーフェクトフィラーを採用しました。
パーフェクトフィラーはひび割れ追従能力にすぐれ、中性化防止に役立ちます。
中塗り1回目(ダイヤモンドコートBS水性)
中塗り1回目です。
塗布量を厳守し、ムラの無いよう丁寧に塗布します。
ダイヤモンドコートは4回塗り仕上げです。
4回目にUVカットクリヤーコーティングを施すことで塗りたての美しい色艶を10年にわたり維持することが出来ます。
中塗り2回目(ダイヤモンドコートBS水性)
塗りムラが無いよう、しっかりと膜厚を付けて塗布します。
上塗り(ダイヤモンドコートGL水性プレーン)
上塗り(ダイヤモンドコートGL水性プレーン)2
最後にダイヤモンドコートの特長の一つであるUVカットクリヤーコーティングをたっぷり塗布し、紫外線から塗膜を守り、長持ちさせます。
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

使用材料

使用材料
使用材料2