柏市 塗膜剥がれの激しい屋根をカバー工法で屋根改修工事

柏市 M様邸 外壁塗装・屋根改修工事概要

ビフォーアフター

before1
201905kmm01
vertical1
after1
201905kmm02
千葉県柏市のM様より弊社のホームページを通じて、外壁リフォームのご相談を頂きました。

M様邸は屋根、付帯において前回正しく塗装をされていなかった為、前回の塗膜の剥がれが著しく塗装対応が極めて困難な状態でした。
塗装ができない為、屋根はカバー工法による屋根改修工事を、雨樋は軒樋、竪樋全て交換をすることになりました。

また、ベランダ側軒天には穴が空いており、補修工事もあわせて行いました。

工事内容と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 パーフェクトトップ
色番:ND-111
7年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:ND-155
3年
屋根改修工事 スーパーガルテクト
色番:シェイドブラック
穴あき25年
赤錆15年

外壁塗装

モルタルの外壁はチョーキングが発生していましたが、クラックも少なく良い状態を維持しており、大掛かりな補修をしなくてもメンテナンスができる状態でした。細かいクラックはパテで補修しました。

高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回上塗りは「パーフェクトトップ」で塗装をしました。お色はND-111を使用しました。

before1
201905kmm03
horizontal1
after1
201905kmm04

屋根改修工事

屋根材はクボタの「アーバニー」が採用されており、屋根材自体の耐久性は十分ですが、残念ながら前回塗膜が著しく剥がれていました。

下塗りが行われず、着色工程1回だけの塗装と思われます。密着不良の塗膜が残っていると、塗装は困難になってしまいます。
塗装をしたとしても旧塗膜を撤去するなど下地処理を入念に行わなければならないため、費用が嵩むうえに塗装メンテナンス自体の耐久性が確保出来ません。

今回超耐久型25年の「スーパーガルテクト」で、カバー工法による屋根改修工事を行うことにしました。

201905kmm05
201905kmm06
カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。

201905kmm07
棟板金撤去

201905kmm08
防水シート敷き

新しい屋根材は、屋根の形に合わせてカットして設置します。今回新しい屋根材として、超耐久型25年の「スーパーガルテクト」で施工しました。お色はシェイドブラックを使用しました。

201905kmm09
屋根材設置

201905kmm10
完成

付帯

ベランダ側軒天に穴が空いていました。今後の耐久性のことも考慮し、交換工事を行いました。

201905kmm11
201905kmm12

201905kmm13

前回の外壁塗装の際に塗装したようですが、施工不良のため著しく塗膜が剥がれてしまっています。屋根同様、塗装ができませんので軒樋、竪樋全て交換をしました。

201905kmm14
施工前

201905kmm15
施工後

霧除けも、雨樋と同じく前回塗装をした際の塗膜が剥がれてしまっていました。
霧除けは交換できますが、予算の関係で今回は塗装で対応することにしました。
剥がれた塗膜を丁寧に除去し、下地処理を入念に行ってから塗装を行いました。

201905kmm16
施工前

201905kmm17
施工後

ブロック塀の一部が爆裂していました。このまま放置すると鉄筋が脆弱化してしまいますので、補修を行いました。

201905kmm18
施工前

201905kmm19
施工後

201905kmm20
換気フード

201905kmm21
ガス管

完成

201905kmm02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県柏市のM様、今回の外壁塗装と屋根改修工事では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。


【今回使用した屋根材】

【今回使用した塗料】