牛久市 空き店舗の外壁リフォーム

茨城県牛久市 S様 外壁塗装・屋根塗装概要工事

ビフォーアフター

before1
20189us01
vertical1
after1
20189us02
茨城県牛久市S様より空き店舗の外壁リフォームのご依頼をいただきました。

外壁には看板設置跡が残っていましたので、除去してから塗装をする必要がありました。
屋根は前回塗装の塗膜が剥がれてきており、コケが繁殖していました。棟板金を留めている釘も一部で抜けてしまい、強風で棟板金が飛んでしまう恐れがありました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 インディフレッシュセラ
色番:IF-9206
5年
屋根塗装工事 サーモアイSi
色番:クールチョコレート
7年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:23-255
5年

外壁補修・塗装工事

20189us03
20189us04
看板、もしくはカッティングシートの取り外し跡の文字が残っていました。塗装をする前にできる限り除去します。

20189us05
20189us06
外壁にクラックや欠損が見られましたので、塗装前にパテでしっかり補修します。

20189us07
20189us08
サイディング目地の劣化しているコーキングは、劣化している部分を撤去し新しくコーキング材を充填する打ち替え工事を行います。

before1
20189us09
horizontal1
after1
20189us10
高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回は透湿性の良い「インディフレッシュセラ」で塗装しました。お色はF-9206を使用しました。

外壁補修・塗装工事

20189us11
20189us12
屋根材が一部割れていたので補修します。

20189us13
20189us14
棟板金の結合部のコーキングに劣化が見られました。劣化した既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を打ち替えます。釘頭は、コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にもコーキング処理を行いました。

before1
20189us15
horizontal1
after1
20189us16
高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、補修が終わったら塗装作業に入ります。下塗りは、屋根材が下塗り材を吸い込むのが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから次の塗装をします。今回は仕上げに「サーモアイ Si」を使用しました。お色はクールチョコレートを使用しました。

破風板板金巻き工事

20189us17
20189us18
木材が使用されていた破風版は妻側の劣化が激しく、塗膜が剥がれ木材が露出していました。
ここへ塗装をしてもすぐに剥がれてしまいますので、板金巻き工事をしました。

その他付帯塗装

20189us19
換気窓塗装

20189us20
出窓塗装

完成

20189us02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

茨城県牛久市のS様、今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。