柏市 二松学舎大学附属中学校・高等学校 校舎屋上の塩ビシート防水工事

校舎屋上の塩ビシート防水工事(機械的固定工法)

before1
IMG_6168
vertical1
after1
柏市II様の外壁塗装と屋根塗装の外壁の施工後写真
柏市にある二松学舎大学附属中学校・高等学校の校舎屋上の防水工事を施工しました。

校舎が雨漏りしており、何度補修しても直らなず長年お悩みだったそうです。
今回たまたまご縁があり屋上防水工事をご依頼いただきました。
2020_08_24_00_01_15_704_4
2020_08_24_00_01_15_704_3
現地調査をしたところ、雨漏りの原因になりうる箇所が多数見つかりました。

修繕前の状態(アスファルト防水)

0112
既存はアスファルト防水でしたが、一部アスファルト防水の上からシート防水で補修した跡がありました。(密着しないため膨れてしまっていました。)
IMG_6139
校舎屋上のアスファルト防水層の上に、さらにアスファルト防水層をつくる補修がしてある箇所があったのですが、密着が悪く水が入り、補修跡の上を歩くとつなぎ目から水がしみ出てきていました。
IMG_6165
何らかの原因で校舎屋上のアスファルト防水層に小さな穴が開き、そこに土や雨水が入りコケが生えてしまっていました。

部分補修では雨漏りを止められない

特にビルやマンション・校舎などの大規模建築物では、雨漏りは部分補修では直りません。

一時的には解決したかのように見えても、再発またはまた別のところから雨漏りしてきます。
屋上防水の経年劣化は避けられず、修繕時期を過ぎてしまっている合図だと思ってください。

部分補修に費用をかけても雨漏りは止まらないので、一ヵ所雨漏りしたら屋上全ての防水を修繕したほうが、長期的にみても建物の長持ちに繋がり、コスト削減になります。

弊社は雨漏りの原因となりうる箇所を徹底的に特定し、工事内容をご提案しております。
工事内容やかかる費用の”根拠がわかるご提案”で、お客様にご納得できる工事を心がけております。
IMG_6143
IMG_6146
IMG_6133

校舎屋上防水 改修工事

今回は塩ビシート防水(機械的固定工法)をご採用いただきました。
機械式固定工法は既存の防水層を撤去することなく施工でき、下地の影響を受けにくくなっています。
短期間の工期で済むため、コストダウンにもつながります。
before1
0121
horizontal1
after1
0023
before1
0131
horizontal1
after1
0042
before1
015
horizontal1
after1
0062
before1
0141
horizontal1
after1
0053

雨染みのある内装天井 修繕工事

2020_08_24_00_01_15_704_4
雨水が天井まで達し、雨染みが発生していました。
このまま雨漏りが進むと脆くなった天井が落ちることもありますし、そうでなくても見た目もよくありませんので、部分貼り替えをご提案させていただきました。

雨水を吸って脆くなった箇所を部分的に除去

2020_09_19_18_42_58_345_5
最初に雨水をすって脆くなり、美観性も悪くなってしまった天井を除去します。
ゴミが出るのでしっかり養生しました。
脆くなった天井はスクレーパーで削るだけでどんどんはがれます。
2020_09_19_18_42_58_347_11
2020_09_19_18_42_58_347_10
2020_09_19_18_42_58_348_12

新しい天井材を施工

天井に合うようにカットした天井材にボンドを塗り、タッカーで止めて完成です。
2020_09_19_18_42_58_349_15
2020_09_19_18_42_58_348_14
before1
2020_08_24_00_01_15_704_4
vertical1
after1
2020_08_24_00_01_15_704_5
既存の天井とも違和感のない施工ができました。