鎌ケ谷市 弾性リシンのモルタル外壁をインディフレッシュセラで外壁塗装

千葉県鎌ヶ谷市 M様 外壁塗装・屋根塗装工事概要

ビフォーアフター

before1
鎌ケ谷市M様邸 ビフォー
vertical1
after1
鎌ケ谷市M様邸 アフター
千葉県鎌ケ谷市のM様より、外壁塗装と屋根リフォームについてご相談をいただきました。

M様邸の外壁はモルタル下地の上に弾性リシン(ソフトリシン)で吹付塗装されている外壁でした。

弾性リシン(ソフトリシン)は、少し癖があり、ザラザラ、ツブツブ状のもの(骨材)に発泡系の物が使用されています。

従来は、骨材には珪砂と言って小さな石粒を塗料に混入させて吹き付けていたのですが、
塗着効率や作業時の軽量化を図る為に、軽量骨材として発泡系の物が使用される様になりました。

ですが、発泡骨材が使用された弾性リシンや弾性スタッコの外壁の場合、いくつかの条件が重なる事で、塗替え後に塗膜が膨れる現象が発生しています。

原因は、発泡骨材が含む水分です。
発泡骨材に含まれた水分は、晴れの日が続いても簡単には完全に外に蒸発できません。
含水率でいうと、塗装可能とされる<ph10%以下>という数値になっていても、微細に水分を含む状態のまま塗装する事になります。

そこに塗料でコーティングしてしまうと、夏場に水分が膨張し、逃げ場がなくなった膨張した水分を含んだ骨材は塗膜を押し上げてしまい、塗膜の膨れとしての不具合が発生するリスクが高まってしまうわけです。

様々な要因があるので、ここでは割愛させて頂きますが、
出来るだけリスクを最小限に抑える為の下塗りから上塗りまでの塗料の選定に気を付ける必要があると考えてご提案させて頂きました。

今回、外壁に使用したインディフレッシュセラは元々微細な骨材が入っている完全艶消し塗料で、ジョリパット外壁やリシン外壁の意匠性を活かした塗り替えが出来ます。

膨れリスクを最小限に抑える塗料として、最適な塗料というわけではないですが、
溶剤系塗料やフッ素、無機塗料に比べるとリスクを抑えた塗料になりますので、複合的な要素を考えて選定させて頂きました。

また、破風版は突合せ部分のコーキングが剥落しており、このまま放置していると雨漏りの原因になってしまうので補修の必要がありました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 インディフレッシュセラ
色番:9218、9301、8526
7年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:25-90B、15-20D
5年
屋根塗装工事 サーモアイSi
色番:クールビンテージローズ
7年

外壁塗装

before1
鎌ケ谷市M様邸 アクセント部外壁
horizontal1
after1
鎌ケ谷市M様邸 アクセント部外壁
before1
鎌ケ谷市M様邸 ベース部分の外壁
horizontal1
after1
鎌ケ谷市M様邸 ベース部分の外壁
冒頭のように、弾性リシン(ソフトリシン)が吹き付けてある外壁は、強靭で結合力が高い塗膜で覆う仕様での塗替えは、膨れが生じる可能性が高くなってしまいます。

今回は水性で透湿性が比較的高い「インディフレッシュセラ」で上塗りをしました。

※透湿性機能ありと表示された塗料カタログはほとんどの塗料で記載されているかと思いますが、いわゆるレベルの問題ですので、塗料メーカーに確認しても正しい答えは返ってきません。
ただ、「弾性リシンの塗り替えについて膨れない仕様ありますか?」と聞くと、自信を持った答えは返してくれなくなります。

お色はベース色として9218、ベランダ側などをアクセント色として9301を使用しました。

屋根補修・塗装

鎌ケ谷市M様邸 屋根補修・塗装
鎌ケ谷市M様邸 屋根補修・塗装
棟板金とアンテナ架台、雪止めは錆止めを塗布します。

また、棟板金の結合部のコーキングに劣化が見られました。劣化した既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を打ち替えます。釘頭は、コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にもコーキング処理を行いました。

鎌ケ谷市M様邸 屋根補修・塗装
鎌ケ谷市M様邸 屋根補修・塗装
屋根の塗装の剥がれは少ないですが、クラック(ひび割れ)が発生し始めている状態でした。
このまま放置すると雨漏りの原因になってしまうので、専用の補修材でしっかり補修をします。

before1
鎌ケ谷市M様邸 屋根塗装
horizontal1
after1
鎌ケ谷市M様邸 屋根塗装
高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、補修が終わったら塗装作業に入ります。下塗りは、屋根材が下塗り材を吸い込むのが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから次の塗装をします。
今回は仕上げに「サーモアイ Si」を使用しました。お色はクールビンテージローズを使用しました。

破風板補修・塗装

鎌ケ谷市M様邸 破風板補修
鎌ケ谷市M様邸 破風板補修
窯業系の破風版は突合せ部分のコーキングが剥落しており、このまま放置していると雨漏りの原因になってしまうので、既存の劣化したコーキングを撤去し新しくコーキング材を充填しました。

before1
鎌ケ谷市M様邸 破風板塗装
horizontal1
after1
鎌ケ谷市M様邸 破風板塗装
補修が終わった後は、劣化した旧塗膜を丁寧に除去してから塗装をします。

ベランダ塗装

鎌ケ谷市M様邸 ベランダ塗装
鎌ケ谷市M様邸 ベランダ塗装
FRP防水のベランダはトップコートに細かいひびが見られましたので、トップコートの塗替えを行いました。

その他付帯塗装

鎌ケ谷市M様邸 その他付帯塗装
雨樋塗装

鎌ケ谷市M様邸 その他付帯塗装
門塀塗装

完成

鎌ケ谷市M様邸 アフター
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県鎌ケ谷市のM様、今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。