柏市 外壁塗装と屋根の棟板金交換・屋根塗装工事

千葉県柏市 O様 外壁塗装・屋根塗装工事概要

ビフォーアフター

before1
201902kashioka01
vertical1
after1
201902kashioka02
千葉県柏市のO様より外壁・屋根リフォームのご依頼をいただきました。

千葉県柏市のO様邸は屋根の棟板金に浮きがみられました。棟板金を留めている釘が効いていないところもあり、一部下地木材の腐食がある可能性がありました。下地木材の腐食がある場合、棟板金を交換する必要があります。

また、外壁はソフトリシンが吹き付けてあるモルタル外壁でしたので、塗膜膨れを防止するためにも透湿性を最大限確保する塗装をしました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 インディフレッシュセラ
色番:IF8118
8年
屋根塗装工事 ファインパーフェクトベスト
色番:モスグリーン
8年
付帯塗装工事 ファインパーフェクトトップ
色番:ND-155、45-30D
3年

外壁塗装

高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回は外壁にソフトリシンが採用されており、透湿性を最大限確保するために水性塗料の「インディフレッシュセラ」で塗装しました。お色はIF8118を使用しました。

before1
201902kashioka03
horizontal1
after1
201902kashioka04

屋根補修・塗装

屋根の棟板金に浮きがみられました。棟板金を留めている釘が効いていないところもあり、一部下地木材の腐食がある可能性がありましたので、棟板金交換工事を行いました。

201902kashioka05
施工前

201902kashioka06
施工後

交換した新しい棟板金のつなぎ目部分にコーキング材を打ちます。釘頭は、コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にもコーキング処理を行いました。

201902kashioka07
棟板金つなぎ目

201902kashioka08
釘頭

高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、補修が終わったら塗装作業に入ります。
今回は仕上げに「ファインパーフェクトベスト」で塗装をしました。お色はモスグリーンを使用しました。

before1
201902kashioka09
horizontal1
after1
201902kashioka10

付帯

破風版の結合部にはコーキング材が打たれていますが、劣化し一部剥落していました。つなぎ目のコーキング処理を行った上で、塗装メンテナンスをしました。

201902kashioka11
施工前

201902kashioka12
施工後

窯業系の幕板は上場や脇等にコーキングを打ち込まないといけないのですが、それが元から入っていないか、コーキングが薄くて破断してしまったようで吸水し劣化が進行していました。塗装をしても早期に塗膜が剥がれたり、塗膜膨れの不具合が発生してしまいます。

今回新しい幕板と交換をし、コーキング処理をしっかり行った上で塗装を行いました。

201902kashioka13
劣化した幕板

201902kashioka14
幕板交換

201902kashioka15
換気フード

201902kashioka16
霜除け

完成

201902kashioka02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県松戸市のK様、今回の外壁塗装と屋根改修工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。