千葉県我孫子市S様邸 リシン吹付外壁補修と塗装、屋根カバー

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
我孫子市S様邸 ビフォー

vertical1
after1
我孫子市S様邸 アフター
我孫子市S様からは、弊社へ直接お問い合わせを頂きました。
近くで弊社が施工している様子を見て、丁寧で綺麗に仕上がっているなと感心したためだったそうです。
また同じエリアでは屋根塗装をしているのに弊社の施工ではカバー工法であったことに関心を持ち、その後HPで割れやすい屋根を知りカバーを検討することになったということです。
外装の状態は、新築時の吹き付けられたソフトリシンの密着が悪く水切廻りや水気が滞留しやすい箇所はリシンが剥がれてきてしまっていました。

築年数
11年
坪数
30坪
施工範囲
【外壁塗装】
下地調整
1.ひび割れ(クラック)補修
2.劣化浮き塗膜除去+補修吹付(リシン吹き)
3.水切り廻りシーリング充填
【屋根改修工事】
棟・ケラバ板金・雪止め撤去
棟釘頭・棟ジョイント部等シーリング処理
防水型全面粘着型ルーフィング貼り
屋根材本体取付け
平板スレート改修用スターター取付け
棟カバー取付け
棟用下地I型取付け
棟隅カバー取付け
隅棟用捨板
換気棟カバー取付け
リッヂベンツ182取付け
改修用ケラバカバー取付け
本谷取付け
改修用壁際水切取付け
改修用流用壁捨板
トップライト・谷取り合い部等防水
専用部材
【付帯塗装】
軒天、軒裏換気口、破風板、雨樋、霧除け、水切り、シャッターBOX、ベランダトップコート、各配管・小物塗装
外壁塗装 インディフレッシュセラ 自社保証7年 
付帯塗装 ファインパーフェクトトップ 自社保証5年
屋根カバー D's roofing ディプロマットスター メーカー保証30年
我孫子市S様邸 外壁補修(Vカット工法)

我孫子市S様邸 外壁補修(Vカット工法)

我孫子市S様邸 外壁補修(Vカット工法)

クラックが発生していましたので補修をしていきます。
カッターなどの工具を用いてV字に口を広げ、充分な広さと深さを確保します。
クラックの中に補修剤(コーキング)を打ち込むため、外壁とコーキングの接着面を充分確保します。
我孫子市S様邸 外壁補修(Vカット工法)

我孫子市S様邸 外壁補修(Vカット工法)

我孫子市S様邸 外壁補修(Vカット工法)

V字にカットした箇所に、接着剤の役目となるプライマーを塗布していきます。
奥までしっかりと塗布出来るよう小さな刷毛を使用し、丁寧に塗り込んでいきます。
その後規定の乾燥時間を経て、プライマーがしっかりと乾燥したのを確認した後、コーキングをしっかりと奥まで打ち込んでいきます。
我孫子市S様邸 外壁塗装
下塗り
水性カチオンシーラー
モルタル外壁の表面強度を高め、
素地との密着性を高めてくれます。

我孫子市S様邸 外壁塗装
上塗り(1回目)
インディフレッシュセラ
顔料配合技術により砂壁状や土壁状の高意匠塗材の意匠性をそのままに、美しい外壁に生まれ変わります。

我孫子市S様邸 外壁塗装
上塗り(2回目)
インディフレッシュセラ
臭気が少なく環境に配慮しながらも藻やかびの発生を抑制し、すぐれた耐久性を実現しています。

屋根カバービフォーアフター

before1
我孫子市S様邸 屋根カバー

vertical1
after1
我孫子市S様邸 屋根カバー
屋根はノンアスベスト屋根材となり割れが多数あり、また過去に雨漏れした経緯もありました。
石付きガルバリウム鋼板 ディプロマットスター カバー工法で施工いたしました。

我孫子市S様邸 屋根カバー

某ハウスメーカーで補修したコーキングが目立ち、汚い状態でした。

付帯塗装

before1
我孫子市S様邸 破風板補修

horizontal1
after1
我孫子市S様邸 破風板補修

我孫子市S様邸 破風板補修

我孫子市S様邸 破風板補修

我孫子市S様邸 破風板補修

破風板のコーキングは既存の劣化部分を撤去し、新たに打替えをいたしました。

before1
我孫子市S様邸 その他付帯
霧除け
horizontal1
after1
我孫子市S様邸 その他付帯

before1
我孫子市S様邸 その他付帯
水切り
horizontal1
after1
我孫子市S様邸 その他付帯

before1
我孫子市S様邸 その他付帯
ベランダトップコート
horizontal1
after1
我孫子市S様邸 その他付帯

我孫子市S様邸 その他付帯
配管
我孫子市S様邸 その他付帯
縦樋
我孫子市S様邸 その他付帯
軒天および雨樋

使用材料

我孫子市S様邸 使用材料

我孫子市S様邸 使用材料

担当者より

我孫子市S様邸はソフトリシン(蓄熱性高い化粧材)で施工されていたので透湿性を確保した仕様でご案内いたしました。
浮いてきているリシンは一度除去し再度リシン材を吹き付けたうえで塗装(浮いているリシンに塗装しても元からすぐ剥がれてくるため根本解決にならない)いたしました。
屋根は割れの補修が塗料が乗らないシリコンコーキングで施工してあり、新たな割れも多数発生していました。雨漏りがした経緯もあるのでカバー工法を提案し採用いただきました。同じエリアで他の業者施工の家はほとんど屋根は塗装しているということでした(弊社も塗装での見積もりは提出いたしましたが、ただしっかりとリスクの説明はしてあります)
シャインの提出する診断報告書をみてご納得いただき、「むしろ何もしらず塗装を選んでいたら大変だった」と感謝の言葉をいただきました。
次回は自社2年目点検でお目にかかります。