千葉県印西市K様邸 ソフトリシン インディフレッシュセラ 外壁塗装

<k様邸 2015年3月>
築年数
11年
坪数
35坪
工事費
122万円
工事部位
【外壁塗装】
【屋根塗装】
【付帯塗装】
雨樋、破風板、幕板、水切り、シャッターベランダ防水、エアコンカバー、軒天鳥の巣対策、その他小物

保証期間

外壁塗装 インディフレッシュセラ 自社保証10年
屋根塗装 サーモアイSi 自社保証10年
付帯塗装 防錆型ファインSi 自社保証5年 

外壁塗装

before1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
色褪せが進んでます。
特筆すべきはそもそもの外壁の仕上げが弾性リシンだったこと。
特に注意が必要です。
vertical1
after1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
弾性リシンの壁に一般的な塗り替えのご提案はリスクです。
K様のご近所の同じような造りの物件は、数年前に他の業者塗り替えを行っており、すでに何件かは外壁の塗膜が膨れて剥がれてきていました。ホームセンターに依頼された方、リフォームを扱っている家電量販店で依頼された方、訪問販売業者に工事を依頼された方、様々な方々がいらっしゃいますが、結局工事を実際に行うのは塗装職人の下請け業者です。
K様はそこに不安を感じ、日本ペイントにお問合せ頂き、認定施工店である弊社がお伺いする事になりました。
確かな塗料を選定をさせて頂き、十分な工期を取って仕上げました。

外壁塗装後

千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
幕板(帯板)が多いデザインでしたので、色分けしキレイによみがえりました。
外壁にはインディフレッシュセラという骨材入りの塗料を使用しているため、完全艶消しで落ち着いた高級感のある仕上がりになりました。
付帯部の雨樋やエアコンホースカバーには艶有りのシリコン塗料を使用しピカピカです。

屋根塗装

before1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
horizontal1
after1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装

【Before】
築11年の屋根、健全な経年劣化程度。

【After】
外壁塗装と一緒に屋根塗装も。せっかくなので遮熱型の塗料を使用。

鳥の巣の除去と軒天の隙間埋め工事

before1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
horizontal1
after1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装

【Before】
外壁診断時に屋根に上らないと気づきません。隙間に鳥が巣を作っていました。
ダニやフンで劣化の原因になります。

【After】
鳥の巣を除去し、ボードで塞いで塗装で仕上げ。これで安心です。

付帯塗装

付帯塗装:ベランダ防水

before1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
horizontal1
after1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
【Before】
ベランダのPRP防水の表面が劣化。

【After】
ベランダ防水部分はトップコート(保護塗装)でよみがえりました。

付帯塗装:幕板

before1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
horizontal1
after1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装

【Before】
色あせが目立ちました。

【After】
窯業系の幕板塗装は下処理で汚れを除去し、幕板は下塗りし、上塗りにシリコン塗料(ファインSi)2回塗りで仕上げます

付帯塗装:破風板

before1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
horizontal1
after1
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装

【Before】
破風板も幕板と同様に窯業系セメント板です。こちらも色あせが目立ちました。

【After】
目地部のコーキングはしっかり打ち替え、下塗り+上塗り2回で仕上げました。

その他の付帯塗装

千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装

千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
千葉県印西市滝野 K様 屋根外壁塗装
左から、エアコンホースカバー、水切り、ガス管の塗装後の様子です。
細かいところまで塗装する事で全体が美しく仕上がります。

お客様からのご要望

voice_1
エリア的に塗り替えを迎える近所が多く、すでに何件かは外壁塗装を行っていたが、塗り替え数年後で膨れ?などの不具合が発生している所もあり、業者選びには特に慎重になった。
噂でよく耳にしていたため、モニタ―として安くするや、全部保証するなどと言ってくる訪問販売は特に相手にしなかった。
インターネットでも誇大広告的なHP作りになっている物が散見されたためあまり宛にはせずに、思い切って直接塗料メーカーに紹介をお願いした。

シャインスタッフより

voice_2
近所の塗り替えが終わっている方々の不具合を目の当たりにし、どこで頼んでいいのか迷われ日本ペイントに直接お問合せ頂いたK様ですが、弊社の診断で塗料が限定される事や、なぜ近所の外壁は剥がれてきているのかを資料やデータをもとにご説明させて頂きました。
一般的なリフォーム店、ホームセンター、、リフォームを扱っている家電量販店、訪問販売業者、どこの担当営業マンも何に塗っていいのかダメなのか、実は表面的な事しか知りません。
何の問題もない住宅の場合はそれでも十分に提案が可能ですが、10件に1件程度の割合で普通の外壁塗装提案では危険な場合が存在します。
なので後々のトラブルが絶えない業界ともいえます。
近年は、様々な新建材で戸建て住宅が建てられていますので、常に新しい知識、新しい工法を追い続けられる認定された塗装業者に工事を依頼してほしいものです。
そんな意味でも、K様は非常に勉強家で、ある程度私たちのご説明にすぐにご理解を頂き、比較的スムーズに完工を迎える事が出来ました。