千葉県柏市東逆井N様邸 モルタル外壁は蔦の除去とクラック補修、屋根は板金の補修 

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
427710ae831f056e4edd758ec9953fc8

vertical1
after1
9531adcf5e4221c6f4184ece8d192400
千葉県柏市東逆井N様邸はモルタル外壁一面に蔦が発生しておりました。
蔦の除去とコーナー部などのクラック処理をして塗装仕上げをいたしました。
屋根は棟板金が外れており、他の板金部分もぐらつきがありました。
雨漏りの恐れがありましたので、今回は板金部分を全て交換することをお勧めいたしました。

施工範囲と保証期間

築年数
30年
坪数
25坪
施工範囲
【外壁塗装】
下地調整 蔦除去
クラック処理及びパターン付け(模様付け)
【屋根塗装】
棟板金交換工事 下地木材交換、新規板金取付け工事
【付帯塗装】
軒天腐食部張替え工事、妻側破風板板金巻き工事
軒天・破風板・雨樋・霧除け・換気フード・エアコンホースカバーその他配管等小物塗装工事
外壁塗装 インディフレッシュセラ 自社保証10年 色=IF8602
屋根塗装 サーモアイSi 自社保証10年 色=クールチョコレート
付帯塗装 防錆形ファインSi 自社保証3年 色=ND-105
f4ebf3190dc1306ca60b20ebd377f64a

197f97a8230e4d4c2032ccb735f5bd92

f5dd145d1e7ba4c872786e80a08d4369

外壁に蔦が発生しています。このまま上から塗装してしまうと、新しく塗った塗膜が蔦によってまた剥がれてしまう原因になってしまいますので、高圧洗浄で取りきれなかった蔦は、一つ一つ削り取っていきます。
before1
8a7970249ef0410f8f9f380f8c826d51

horizontal1
after1
bcc63c74660a901a1a14a68e6492c47f

4fb6d66882375fc39653b12d90ddb66c

9289e19913c4169c0b111e5a71077ea1

f5b53a4ef7978509ba2211748a963d78

0.3mm以下のひび割れはコーキング補修をおこない塗装で仕上げますが、0.3mm以上ある場合はVカット工法を行います。
Vカット工法はあえてヒビを広げて補修材を充填する深さと幅を確保します。割れの早期再発及び拡大を防ぐ処置です。
bed3ad246f00c606dd4c3b0c25f60497
下塗り
水性カチオンシーラー
シリコン配合の反応硬化タイプなので密着性と耐久性をさらに向上させます。 モルタル外壁の表面強度を高め、素地との密着性を高めてくれます。
7a28b7b7faa7e3368aa7dba3039d772e
上塗り(1回目)
インディフレッシュセラ
砂壁状意匠塗材改修用シリコン系つや消し塗料
砂壁状や土壁状の高意匠塗材の意匠性をそのままに、美しい外壁に生まれ変わります。

a9de759a48d31a0c8901d0aaa1b83e95
上塗り(2回目)
インディフレッシュセラ
高耐候性シリコン系樹脂に1液水性反応硬化技術を組み合わせ、すぐれた耐久性を実現しました。
顔料配合技術により、高意匠塗材の質感を損なわない、つや消しの美しい仕上がりが得られます。
親水化技術により外壁の美観を損なう雨垂れ汚染から外壁をまもり、美しさを長持ちさせます。
微弾性塗膜なので、下地のヘヤクラックに追従します。
塗膜には透湿性がありますので、背面からの水分影響を緩和し、膨れを抑制します。
藻やかびの発生を抑制し、建物の美観を維持します。

屋根塗装ビフォーアフター

before1
7e756c3cf699855123b48743a7922f2f

vertical1
after1
2f81cec35e4ace8524ee2d2d19abfd6d
長期間メンテナンスを行っていなかった為、屋根板金が取れてしまっていました。板金が存在しないということはそこから雨水が侵入し、雨漏れの原因になってしまいます。既存の板金を取り外し、基礎となる木材の設置後、新しい板金を被せる形となります。
その他の板金部分にもぐらつきが見られましたので交換をお勧めいたしました。
屋根材につきましても長期間メンテナンスを行っていないため素地が露出してしまっています。この状態ですと屋根材からも雨水が侵入しています。早急に塗膜で雨水の侵入を防いでいく必要があります。ただし、現在の状態ですと下塗り1回上塗り2回の3回塗りでは早年(2~3年)で剥がれてくる可能性大です。メーカー既定の仕様(カタログ参照)を守り施工することが重要です。下塗りにファイン浸透造膜シーラーを使用し、濡れ感が出るまでを目安に下塗りを塗布する必要があります。下塗り(2~3回)、上塗り2回の4~5回塗りでご提案させていただきました。

before1
e69f1ad82ed6802e1d6ffc98cef57428

horizontal1
after1
d8195d569dba39e085925135ba78eddc

DSC_01031

DSC_01174

DSC_01231

屋根板金が一部外れてしまっていたので、既存の板金を全て取り外します。
板金の内側のヌキ材も交換し、基礎となる木材の設置後、新しい板金を被せます。
5bca2c56e79d370334e0b26d05719029
瓦の割れの補修
8e3588436698e80c805374a1834ff5df
棟板金ジョイント部と釘頭のコーキング処理
f5074d42e977526135b64634f1c8345f
板金部分にはサビ止めの下塗り剤を塗布します。
92c6eab3a0d4c829c2545be3629869fe
屋根材にはファイン浸透造膜シーラーを濡れ感が出るまで塗布します。
7511b30375c36810a45e40fb22a8de0e
下塗り
サーモアイシーラー
屋根の塗料、サーモアイシリーズの場合、下塗りだけでも断熱効果を発揮してくれます。
全体的に塗りムラのないように、ローラーを使用して塗布していきます。
5a701d6178247f1ab6ba6bbde7762fab
上塗り(1回目)
サーモアイSi
遮熱塗料「サーモアイSi」を塗布します。
サーモアイSiは過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な屋根用遮熱塗料です。
雪止め部などの細かな部分は、刷毛を使用し細部までしっかりと塗布していきます。
b8815c776be3c8021bf33dc86af8ef99
上塗り(2回目)
サーモアイSi
全体的にムラにならないようしっかりと塗布していきます。
これで屋根塗装の完成です。

付帯塗装

before1
c84195ac01e456df6c616d5aebecb858
破風板
horizontal1
after1
b5a55bf181fe64863876e7e68330fa5d

before1
25a07fb4e918c77da7c5fb5198c90534
霧除け
horizontal1
after1
1fdfeca38a99dfec210b2afc0722838b

before1
a10cd86edee9221e4b28146661e2a257
雨戸
horizontal1
after1
be12e0457b9c19fba2843c0f9b52ca98

使用材料

c0850943ec695c1614bccc96aaca8784

adc8fa4854f49f914e62f6fb6f665cd8